朝食に便利な「マヨ玉トースト」、美味しく焼くにはコツがあった!

 


食パンのふちに沿ってマヨネーズで土手を作り、内側に卵を割り入れてトースターで焼くのが「マヨ玉トースト」

これ、朝食にとっても役立ちます。

もし目玉焼きを作ったらフライパンを洗う手間がありますが、これならフライパン不要で目玉焼きとパンが食べられるのです。

先日友人から、

「テレビでマヨ玉トーストが紹介されてて、やってみたけど卵が固まらないの。マヨ玉トースト、作ったことある?」

と聞かれました。

そう、トーストの要領で普通に数分焼いただけでは卵は生のまま、固まりません。ならばと卵が固まるまで焼いてしまうと、パンが焦げ焦げに…。私も同じことを経験済みなのです。

上手に焼くコツは、”低温でじっくり”。トースターの低温で時間をかけて焼くと、うまくいきます!

卵は常温に戻さず、冷蔵庫から出したてのもので大丈夫。私の家のトースターだと、650Wで8~10分で作れますよ。



次ページ :  ■マヨ玉トースト レシピ制作: 長 有里…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月20日今日の献立

1週間の始まりは元気が出る中華の夕ご飯で決まり! フライパンで作る蒸し物は思ったより簡単にできるのでお勧めです。

この記事のライター

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.