トマト嫌いも克服できる!? トマトリンゴスムージー

 

夏といえばトマト! トマトの赤い色の成分はリコピンといわれ、高い抗酸化力があります。

不規則な生活習慣やストレスなどが原因となり、体の中に活性酸素というものが作られると、体はサビたような状態になってしまいます。

© 啓太郎 岡上 - Fotolia.comlia.com



活性酸素とは、いわば老化の原因になるもの。この活性酸素を消し去る働きを持っているのが、リコピンです。

夏はとくに、紫外線ストレスも相当なもの。お肌ケアのためにも、旬のトマトはマスト食材です。

ぜひ積極的に食べましょう! と言いたいところですが…粒々がきらい、青臭さがきらいなど、トマトが苦手なお子さんは多いよう。

そんなトマト嫌いなお子さんにもおすすめなのが、スムージーにすること。リンゴの甘み、ヨーグルトのほどよい酸味を加えれば、甘酸っぱい爽やかジュースの出来上がり。

色もピンクできれいなので、「トマトが入っているよ」と言っても、受け入れてもらいやすいかも!? 色をきれいにするためにも、栄養のためにも、りんごは皮付きで使いましょう。


レシピ制作:長 有里子


<材料 作りやすい分量>
トマト 1個
りんご 1/2個
ヨーグルト 大さじ6
レモン汁 小さじ2
はちみつ 大さじ2

<作り方>
1、トマトとりんごを一口大に切る。
2、材料をすべてミキサーで攪拌する。

リコピンは、油(脂)と組み合わせると吸収率が高まります。

今回はヨーグルトと合わせました。ヨーグルトの脂肪分によってリコピンの吸収が高まるうえ、不足しがちなカルシウムも補給できます。

大人にも子どもにもおすすめな組み合わせですよ。


関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月20日今日の献立

家族でワイワイ楽しむ献立です。ホットプレートが大活躍の週末メニューです。

この記事のライター

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.