きび砂糖、てんさい糖、アガベシロップ…天然甘味料の特徴と使い方のコツ

 

最近のスーパーでは、白砂糖以外にも、いろいろな甘味料が売られていますよね。毎日の料理やお菓子作りに取り入れてみたいけど、「それぞれ、どのようなものなのかわからない」という人のために、主な天然甘味料の特徴と使い方のコツをまとめてみました。

© Tsuboya - Fotolia.com



■三温糖

砂糖は、サトウキビを原料に、工場で不純物を取り除く精製という工程を経て作られます。精製の最後の過程では、結晶と糖液ができるのですが、結晶から作られるのが、上白糖やグラニュー糖といった白い色の砂糖。残った糖液から作られるのが三温糖です。

三温糖は、糖液を何度も煮詰めて作られるため、加熱によってうっすら茶色い色がつきます。白砂糖より純度(糖度)は低いのですが、香りや雑味があるために、人の舌にはより甘みを強く感じさせるのが特徴。肉じゃがや魚の煮付けなど、和の煮込み料理に使うと、コクが出ておいしく仕上がります。

■黒砂糖(黒糖)

黒砂糖はサトウキビの汁を搾った後、精製せずに、搾り汁をそのまま煮詰めて固めたもので、黒糖とも呼ばれます。

独特の風味と濃厚な甘みを持っているため、好きな人にはたまらないおいしさ。ミネラル・ビタミンなどの栄養も豊富ですが、一方で、クセがあって苦手と感じる人もいるようです。

料理よりも、黒砂糖の風味を活かしたお菓子に使うのが一般的。コーヒーやお茶のお供にそのまま食べたり、ミルクに入れたりしても楽しめます。

■きび砂糖

三温糖は精製後に残った糖液から作られますが、きび砂糖は、精製途中の砂糖液から作られたもの。そのため、黒砂糖ほどではありませんが、サトウキビの風味が強く、ミネラルも多く含んでいます。

■甜菜(てんさい)糖

てんさい、ビートとも呼ばれる砂糖大根を原料に作られた砂糖のこと。サトウキビが原料の砂糖に比べると、まろやかでサッパリした風味が特徴です。

天然のオリゴ糖が含まれているので、整腸作用が期待できそう。また、体を温める作用があるとも言われているため、冷え性の人にもおすすめです。


次ページ :  ステビア、ラカンカ、アガベシロップ … >>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年9月20日今日の献立

いなり寿司にデザートはおはぎ。手作りならではのおいしさが楽しめるメニューです!

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ