愛あるセレクトをしたいママのみかた

夏の野菜を食べて元気復活! ヘルシーレシピつき【ゆる精進生活】

 

そろそろ夏の野菜が出回ってくる季節ですね。この時期に旬を迎える野菜をいくつ知っていますか? そもそも旬とは、食材が一年で最もおいしく、栄養価が高くなる時期のこと。市場に多く出回るため、値段も安価になりやすく手に入れやすくもなります。


夏に旬を迎える食材は、胡瓜(きゅうり)・トマト・茄子(なす)・しし唐・ピーマン・ズッキーニ・ゴーヤ・さやいんげん・枝豆・玉蜀黍(とうもろこし)・紫蘇(しそ)・茗荷(みょうが)など。旬の野菜には、不思議とその季節に、体が必要としている栄養素が詰まっています。この時期の野菜の特長としては、水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多いということ。効果としては、身体にこもった熱を、水分と共に外に出し、身体の内側からクールダウンしてくれます。さらに抗酸化作用が期待されるビタミン類が多く含まれる緑黄色野菜が多いのも、この時期の特長です。これは紫外線や暑さで活性酸素がダメージを受けやすいので、補ってくれる効果があります。

具体的な野菜だと、熱中症気味で食欲がわかないとき、大量の汗をかいた時には、胡瓜や茄子を食べましょう。カリウムを補いながら、水分と共に余分なナトリウムを外に出して、体を冷やしてくれます。たくさん日光に当たった時は、ピーマンやゴーヤなどビタミンの多い野菜を食べましょう。ダメージを受けた皮膚や髪を補修してくれる効果があります。トマトにはリコピンという赤い色素が含まれています。体内では活性酸素の発生を抑え、シミやくすみを抑制する働きがあります。さらにトマトの酸味は疲労回復にも有効です。
次ページ :  なすときゅうりのあちゃら漬けの作り方 >>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2022年8月17日今日の献立

かんたん炊き込みご飯と鶏むね肉をグリルで焼いて、切り昆布入りのスープで簡単に!

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ