本場ドイツはやはり違った!?エミールライマン社の「シュトーレン食べ比べ」in アンジェ京都オフィス[PR]

 


日本でも、ここ何年かでじわじわきているクリスマスのシュトレンブーム。今年のアンジェクリスマス特集でも、初登場するや「プレミアム」はたちまち品切れになる人気ぶりでした。

今回は、シュトレン発祥の地であるドイツ・ドレスデンの中でも、ドイツ王室御用達の老舗「エミールライマン社」の由緒正しき逸品を、アンジェ京都スタッフでガッツリ食べ比べ。

同じようで全然違う本場シュトレン3種類で、ひと足早めのメリークリスマス気分を味わってみました!

※ちなみに、日本では「シュトーレン」と呼ばれる事が多いですが、ドイツ語での一般的な発音は「シュトレン」なのだそう。今回はドイツ方式にのっとって(?)「シュトレン」で記載しております。

■食べ比べメンバー
谷本

「デザイナー:お酒飲まない派、お兄さんはパン職人」
稲生

「デザイナー:ドライフルーツは苦手だけど、お酒は大好き」
木村

「お客様サポート担当:お客様からご質問いただく時に備えて参加」
尾形

「お客様サポート担当:シュトレンは初めて、お酒飲まない派」
安田

「ライター:お酒好き、レーズンは大人になってから好きに。」

持ってずっしり、断面ギュッ、そして芳醇な香り

安田

みなさん、シュトレンって知ってました?食べた事ある人〜?

スマホで一斉に検索し始める一同。
次ページ :  ドイツの伝統的な菓子パン。クリスマスのお祝いに…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年12月12日今日の献立

食べごたえのあるおそばと、あっさりおかずの組み合わせ。デザートはせっかくなので旬のものを。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ