愛あるセレクトをしたいママのみかた

抗酸化力&免疫力UPの“野菜スープ”レシピ 皮や切れ端も捨てないワケは?

 

抗酸化力&免疫力を高めるために、毎日の食事に取り入れたい、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ。より効率よく有効成分を吸収するために、熊本大学名誉教授の前田浩先生が提案するポイントはこの7つ。

健康効果倍増!野菜スープの7つのポイント。

レシピのポイント
  • 味のベースとして、玉ねぎは必ず入れる。
  • 緑の野菜もいくつか必ず入れる。
  • 多様なファイトケミカルが摂れるように、5~8種類の野菜を組み合わせる。
  • なるべく露地もの、旬の野菜、地産地消(近場で採れたもの)で。
  • 野菜の旨味を生かして調味料は使わない。
  • 長く続けるための食べ飽きないアレンジはOK。
  • オイルで炒めるとカロテノイドの吸収が3~5倍上がる。
  • 【How to Cook】基本の野菜スープの作り方
    さまざまな種類の野菜を用意したら、切って、炒めて、煮込むだけ。「簡単ステップで完成する野菜がごろごろと入ったスープは、食べ応えもあります」。さらに、気分や体調に合わせてポタージュにしても。「我が家の朝食はポタージュが定番です」材料/4食分玉ねぎ…1/4個人参…50gかぼちゃ…50g(種とワタを除く)小松菜…50gキャベツ…50g大根…50gオリーブオイル…大さじ1水…900ml
    【切る】野菜を食べやすいサイズに切る。
    次ページ :  玉ねぎ、人参と大根、かぼちゃ、キャベツは一口大に、小松菜は…>>
    関連リンク
    この食コラムに関連するレシピ
    今あなたにオススメ
    この記事のキーワード

    今日の献立

    2021年5月16日今日の献立

    1かけ余ったカレールウを使った魚メニュー。電子レンジを使ったお手軽メニューもうれしい。

    最新のおいしい!
    記事配信社一覧

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

    アプリ版
    「E・レシピ」で、

    毎日のご飯作りが
    もっと快適に!

    E・レシピアプリ

    画面が
    暗くならないから
    調理中も
    確認しやすい!

    大きな工程画像を
    表示する
    クッキングモードで
    解りやすい!

    E・レシピアプリ 作り方

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

    最近見たレシピ