愛あるセレクトをしたいママのみかた

【美味しさ保証】自家製ベーコンの作り方!化学調味料・保存料無添加で安心ヘルシー

 

【どうせ塩抜きするのなら、最初から低い塩分濃度で漬けたら良いのではないか?】最初に高い塩分濃度で漬け込むの理由は、食材全体に均等に塩を入れることにあります。薄い塩分濃度では食材の表面だけに塩味が入り、内部までなかなか塩が浸透しません。まずは高い塩分濃度で漬け込み、その後塩抜きをすることで塩味のムラを防ぐことができます。塩抜きは流水で。大き目のボウルやバケツに水を入れ、豚肉ブロックを沈めます。水道からは水を出して、常に新しい水と入れ替わるようにします。水道代がもったいないという方は、溜め水での塩抜きでも良いですが、その場合は30分ごとに水を取り替えて下さい。1時間置きくらいで豚肉の端を切って、フライパンで焼いてみましょう。ちょっと薄いかな?と思うくらいの塩分濃度が丁度良い塩抜き加減です。




後で乾燥・燻製にするのでさらに食材の水分量は少なくなります。この時に丁度良い塩加減だったら、燻製後は水分が抜けて塩辛い仕上がりになりますので、薄めで良いのです。

豚肉を風乾燥させたあとに燻製にします

塩抜きした豚肉を1時間ほど風乾燥させます。扇風機を当てておくと良いでしょう。干物を作るようの網があると便利です。
次ページ :  ホームセンターなどで売っています。燻製時間は2時間程度です…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年12月8日今日の献立

エビの中華炒めに、やさしい味のあんかけ豆腐を合わせました。

最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ