愛あるセレクトをしたいママのみかた

【美味しさ保証】自家製ベーコンの作り方!化学調味料・保存料無添加で安心ヘルシー

 





オールスパイス、ナツメグをまんべんなく擦り込みます。


3重にしたキッチンペーパーで包んで、ジップロックなど(ビニール袋でも可)に入れて冷蔵庫の中に入れて一週間ほど寝かせます。




塩の浸透圧で豚肉内部から水分が出てきます。そのままにしておくと下になっているところばかりに塩味が入り、塩味が均一にならなくなりますので、毎日上下をひっくり返しましょう。一週間経ちました!これで塩漬け期間は終了です。冷蔵庫から出して、袋から取り出したところです。巻いていたキッチンペーパーが湿っています。塩の浸透圧によって水分が抜けている証拠です。


キッチンペーパーを剥くとこんな感じです。最初に比べて豚肉の塊がキュッとしまった感じになっています。


豚肉の塩抜きをしましょう



今回漬け込んだ塩分濃度は、豚バラ肉ブロックの重量に対して2%です。人がちょうど良いと思うくらいの塩分濃度は0.8%~1%と言われています。人体の塩分濃度は約0.85%ですので、それよりちょっとだけ塩っぽいくらいが美味しいと感じやすい塩分濃度となります。しかし、漬け込みの塩分濃度は2%ですのでそのまま食べると塩辛いため、塩抜きが必要となります。
次ページ :  【どうせ塩抜きするのなら、最初から低い塩分濃度で漬けたら良…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年12月8日今日の献立

エビの中華炒めに、やさしい味のあんかけ豆腐を合わせました。

最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ