話題の発酵食品、酒粕で免疫力アップ! 「豆乳粕汁」

 

腸内環境を整え、免疫力を高める効果が期待できると注目を浴びている発酵食品。
その中でも熱い視線を注がれているのが、お米を発酵させた酒粕です。

酒粕には美肌効果が期待できるビタミンB群をはじめ、食物繊維や必須アミノ酸も豊富な万能食品。
今回ご紹介する「豆乳粕汁」は、酒粕と味噌のダブル発酵食品に、大豆イソフラボンが豊富な豆乳。
そして、鶏もも肉から出る旨味と、根菜類の甘みを加えた栄養満点の一品です。

今話題の発酵食品を存分に使った栄養満点の「豆乳粕汁」。
腸内環境を整え、免疫力を高めるためにも、是非試してみてくださいね。

■豆乳粕汁

調理時間 20分 1人分 437kcal



<材料 2人分>
鶏もも肉(小) 1枚(200g)
ジャガイモ 1個
玉ネギ 1/4個
ニンジン 1/4本
エノキ 1/2袋
水 200ml
豆乳(成分無調整) 200ml
酒粕 30g
みそ 大さじ2
塩 少々
しょうゆ 適量
セリ(刻み) 適量

<作り方>
1、鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。ジャガイモは皮をむき、4つに切る。玉ネギは幅2cmのくし切りにする。ニンジンは皮をむき、厚さ5mmの半月切りにする。エノキは根元を切り落とし、長さを半分に切る。


2、鍋に鶏もも肉、ジャガイモ、水を入れて強火にかけ、沸騰したらアクを取る。蓋をずらしてのせ、弱火で約5分煮る。


3、酒粕とみそを(2)の煮汁で溶いてから(2)に加える。玉ネギ、ニンジン、エノキ、豆乳を加え、蓋をして弱火で7~8分程煮る。


吹きこぼれないように注意します。
4、塩としょうゆで味を調えて器によそい、セリを散らす。


疲れた体にも染み渡る、優しい甘さで栄養満点の「豆乳粕汁」。優しい甘さの一杯は大人も子供も大満足。免疫力をUPするためにも是非作ってみてくださいね。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年6月4日今日の献立

エスニック料理が美味しい季節。ほどよい辛さが食欲をそそります。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ