愛あるセレクトをしたいママのみかた

すりおろしたカブが美味!  「タラのかぶら汁」

 

冬から春にかけて美味しさが増す「カブ」は、漬け物やサラダなど生で食べたり、汁ものや煮物の具材にしたり、幅広い料理に取り入れられる冬野菜。
調理に時間がかかる根菜のなかで比較的短い時間で調理ができるところが良いですね。
すりおろしても美味! 「かぶら汁」

さて、今回は旬の「タラ」を加えてつくる、冬ならではの「かぶら汁」をご紹介します。
カブはスライスやくし切りにして調理する方法が一般的ですが、すりおろして汁ものや鍋に加えると、カブの控えめな甘みがフワッと感じられてとても美味しいのです。

最後に「葛粉」でトロミをつけることで光沢がつき、美しく仕上がります。
葛粉がお手元にないようでしたら「片栗粉」で代用してください。

すりおろしても美味! 「かぶら汁」

レシピ制作:保田 美幸



■タラのかぶら汁

<材料 2人分>
タラ(切り身) 1切れ
 塩 少々
カブ 1個
だし汁 400ml
酒 大さじ2
塩 適量
<だし溶き葛>
 葛粉 大さじ1
 だし汁 大さじ1.5
カブの葉(塩ゆで:刻み) 少々

(※)だし汁の作り方はこちら↓をご参照ください。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/16419e06c7dc88fc1ce805529b019425.html

<下準備>
・タラに塩を振って15分置き、水分が出たら拭き取る。

・カブは皮をむき、すりおろす。
すりおろしても美味! 「かぶら汁」

・<だし溶き葛>の材料を合わせておく。

<作り方>
1、タラはグリルで焼いて取り出し、粗熱が取れたら皮と骨を取り除いて身をほぐす。
すりおろしても美味! 「かぶら汁」

2、鍋にだし汁、酒、(1)を入れて中火にかけ、煮たったらすりおろしたカブを加える。再び煮たったら塩で味を調える。
すりおろしても美味! 「かぶら汁」

3、<だし溶き葛>をまわし入れ、器によそう。お好みでカブの葉をのせる。
すりおろしても美味! 「かぶら汁」

体の芯から温まる汁ものです。
寒さ厳しいこの季節に、ぜひお楽しみください。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月26日今日の献立

メインはサクッと揚がった天ぷらに、素材の味をシンプルに味わえる副菜とデザートの献立です。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ