愛あるセレクトをしたいママのみかた

おせちのなますを、コールスローにリメイク!

 

新年といえば、おせち料理ですね。
おせち料理は日本の伝統食であり、受け継がれていくべきものではありますが、保存食という面も持ち合わせているため、意外と塩分が多いというのが難点…。
実は、お腹いっぱいおせちを食べると、なんと1食で1日分の塩分をとってしまう可能性も否めません。

ただ栄養面では、おせち料理は普段口にしないものが食べられ、幅広い栄養素をとれるありがたい伝統料理になります。
なので、より健康的におせちを楽しむために、おせち料理のヘルシーリメイクはいかがでしょうか?

私はなますを多めに作って余らせ、キャベツと合わせてコールスローにアレンジするのが定番。
サラダにすることで食事に合わせやすく、キャベツに多く含まれるカリウムが体内の余分な塩分を排出してくれるという一石二鳥のおかずに変身します!

我が家の1月4日の朝食は、パンとこのコールスローと目玉焼き、ハムというメニュー予定です。

目次 [開く][閉じる]

■なます


レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 (作りやすい分量)>
大根 450g
にんじん 40-50g
塩 小さじ2/3
干し柿 1個
昆布 4×5cm程度
(土佐酢)
酢 1/2カップ
だし 3/4カップ
塩 小さじ1/8
醤油 小さじ1
砂糖 大さじ1~1.5

<作り方>
1、大根とにんじんは千切りにし、塩でもんで10分ほど置いておく。

2、(1)の水気をしぼり、細切りにした干し柿、水で戻して細切りにした昆布と一緒に土佐酢の材料を合わせたもので和える。


■なますコールスロー


レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 (作りやすい分量)>
キャベツ 1/4個(200g)
なます 80g
Aマヨネーズ 大さじ3
A酢 大さじ1
塩 小さじ1/4

<作り方>
1、キャベツを千切りにする。塩でもんで10分ほど置いておき、しんなりさせる。水分が出たらしぼる。

2、(1)となますをAの調味料で混ぜ合わせ、味をみて塩(分量外)で味を調える。

なますもコールスローも酢を使うので、日持ちがする作り置きにもなりますよ。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年4月19日今日の献立

肌荒れや便秘、花粉症など不快な症状を感じた日は、簡単&ヘルシーな料理でデトックスしましょう。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ