春の味覚が入ったみそダレが美味! 「ヒレカツの春みそダレ」

 

この時期の旬な野菜の1つといえばフキノトウ。大人になるとクセになるその苦味や風味も、子どもにとってはハードルが高いもの。

でも、せっかくだから食卓に並べたい。そんな時にはこのみそダレを思い出してください。タレとしてはもちろんのこと、ご飯がすすむその味わいは、大人も子どももきっと気に入るはず。フキノトウが入っているというだけで、「春」気分を高めてくれる一品です。

■ヒレカツの春みそダレ

調理時間 25分 1人分 467Kcal



レシピ制作:E・レシピ


<材料 4人分>
豚ヒレ肉(塊) 400~500g
 塩コショウ 少々
<衣>
 小麦粉 大さじ3
 卵 1~2個
 パン粉 1.5~2カップ
フキノトウ 10個
木の芽小 1パック
<春みそダレ>
  酒 大さじ3
 みりん 大さじ3
 三温糖 大さじ6
 赤みそ 150g
 だし汁 80ml
 顆粒かつおダシの素 小さじ2
ゴマ油 大さじ1
キャベツ 1/8個
スプラウト 1パック
プチトマト 4個
揚げ油 適量

<下準備>
・豚ヒレ肉は厚さ1.5cmに切ってラップで挟み、肉たたきで軽くたたき、塩コショウを振る。


・フキノトウは周りの固い部分を何枚かむき、軸を切り落とす。細かく刻んで水に放ち、1~2回水を取り替えてアク抜きをし、キッチンペーパー等で押さえてしっかり水気をきる。

・木の芽は水洗いして、水気を拭き取り粗く刻む。

・キャベツはせん切りにし、スプラウトは水洗いして根元を切り落とし、キャベツと一緒に水に放ってザルに上げ、しっかり水気をきる。

・プチトマトは、水洗いする。

<作り方>
1、<春みそダレ>を作る。フライパンにゴマ油を熱し、フキノトウを加えて炒め、いったん火を止める。<春みそダレ>の材料を加えてよく混ぜ合わせ、弱めの中火にかけて時々混ぜながら、ポッテリするまで煮て、1/3量の木の芽を混ぜ合わせる。


2、揚げ油を170℃に熱し始める。パン粉に水を霧ふきし、湿らせる。豚ヒレ肉に薄く<衣>の小麦粉をつけ、溶き卵、湿らせたパン粉を順につけ、揚げ油でサクッと揚げる。


3、器に合わせたキャベツを敷いて、(2)のカツを並べる。(1)の<春みそダレ>をかけて、みそに残りの木の芽を散らす。


みそ、お酒、みりん、砂糖という定番の調味料とは別にだし汁を使っているこのみそダレ。普段、家庭でよく作られるみそダレとはちょっと違うコクのある味わいに、口にしたとたん「お店の味だ!」とうなる人も少なくありません。


関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月22日今日の献立

火を通したチーズやハーブの香りが食欲をそそります。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.