子どものおやつにぴったり! 栄養豊富な「麩レンチトースト」

 

© sasazawa - stock.adobe.com


知人にたくさんの車麩をいただき「こんなに食べきれるかな? どうしよう!」と思ったときがありました。せっせと消費するためにお麩のフレンチトーストを作ってみたのですが、そのときに「これは、子どもにいいメニュー」ということを発見。

お麩というと、たんぱく質が多くてヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、それだけではなく「鉄分」も多く含まれています。

鉄分は成長期のお子さんに必須の成分。フレンチトーストに欠かせない卵にも鉄分は豊富に含まれているので、「体に良いおやつを」と考えているママさんにはおすすめです。

作るときのポイントは、お麩を戻した後、お麩自体が割れるくらいまでしっかり絞ること。そうしないと卵液が中まで染みこまず、口に入れて噛んでも味がしない部分が多くでてきてしまいます。多少お麩が割れても、卵液に浸すとお麩が膨張するので、見た目も気になりませんよ。

ずっとキッチンで眠っているお麩があったら、ぜひお子さんの”スクスク成長おやつ”として活用してみてくださいね。

■麩レンチトースト


<材料 2人分>
車麩 2個(直径10cmのもの)
A卵 1個
A牛乳 50ml
A砂糖 大さじ3
A塩 小さじ1/6
バター 適量
メープルシロップ、シナモン 各適量

<作り方>
1、車麩はぬるま湯に約10分浸して戻す。※水でも戻りますが、ぬるま湯のほうが早く戻ります。

2、1の水気をしっかり絞り、Aの材料を混ぜ合わせたバットに約30分浸す(途中表裏をひっくり返す)。

3、バターを熱したフライパンで2を両面炒め、器に盛って、メープルシロップ、シナモンをかける。

コツ・ポイント 
を少し入れるのもポイントになります。お麩にはパンに比べて1/3ほどの塩分しか含んでいないので、塩を入れないと、ぼんやりした味になってしまいます。
関連リンク

このコラムが掲載されているまとめ

子どものおやつはいつから? あげ方や簡単おやつレシピのまとめ

子どものおやつはいつから? あげ方や簡単おやつレシピのまとめ

子どもの食事はパパ・ママたちにとって謎の多いジャンルかもしれません。離乳食の始める時期や進め方だって手さぐりなのに、さらに「おやつ」となると、どう準備すればよいのかわからない人も多いのでは。おやつはあげる? あげない? 市販のお菓子はいつからあげる? など、赤ちゃんや子どもにとってのおやつの必要性やあげ方などをまとめました。乳幼児期のおやつにぴったりの簡単レシピもあわせてご紹介します。

今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月25日今日の献立

ささ身やキュウリ、ニンジン等、手に入りやすい材料でお財布にも優しい献立です。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.