肉汁じゅわ~っ! SNS映えバッチリの「塊肉」を自宅で楽しむ簡単レシピ4選

 

© marucyan - Fotolia.com


最近ではCMにも大きな肉が登場するなど、「塊肉」がちょっとしたブームになりつつあります。塊のまま食べるのは子どものあこがれでもありますが、肉のうま味を存分に楽しむこともできるのです。

コツさえつかめば意外と難しくない塊肉料理にチャレンジしてみませんか?

■塊肉の基本の焼き方

塊肉を日常生活で手に入れるなら、スーパーでも買いやすいブロック肉が便利。同じ量の薄切り肉よりグラム単価がお得な場合も多く、使わない手はありません。

© jedi-master - Fotolia.com



塊のまま調理してお皿にのせれば、それだけでパーティー料理になってしまうところも注目です。食べるときに切り分けるパフォーマンスは、子どもがよろこびそうですね。

丸ごと焼くときのポイントは、室温に戻しておくこと。こうすることで、火が均一に通りやすくなります。

塩を振るタイミングは焼く直前、コショウは最後に振りかけます。表裏、そして側面も焼き目をつけ、油をふき取ったら水を入れて蒸し焼きにすると、うま味を逃さずおいしく焼き上がります。

最初はやや強めの火で焼いていき、蒸し焼きにするときには弱火にしてじっくり加熱していきましょう。

火が通ったら、5~10分ほど置いて冷ましてからカットすると、肉汁がこぼれにくくなります。塩コショウだけでもおいしいですが、好みのタレをかけてもOKです。

■炊飯器で簡単! 「煮豚」

塊肉は焼くだけでなく、煮てもおいしく仕上がります。その代表ともいえる「煮豚」は、炊飯器を使えば手軽に作れてしまうのです。火を使わないので、調理中にほかのことができるのも、ママにとってはうれしいのでは。

© sasazawa - Fotolia.com


<炊飯器で簡単! 煮豚>

1.豚バラブロックの表面を焼く。

2.炊飯器に1と水、焼き肉のタレを入れて「炊飯」のボタンを押す。

3.約1時間ほどで完成。機種によって時間が異なるため、様子を見ながら調理する。肉に火が通る前に水分がなくなりそうなら、水と焼き肉のタレを混ぜたものを追加する。
水と焼き肉のタレは、肉がひたる程度が目安。私は、肉500gに対して200~300ccずつ入れています。タレは好みですが、甘口のほうが子どもによろこばれるかもしれません。さらに、みりんやハチミツをくわえてもOKです。

薄切りのショウガ(皮付き)やニンニク、長ネギの青い部分をいれると風味が増します。

食べやすい薄さに切り、白髪ねぎを添えればおつまみにぴったり。子どもには厚めにカットしてあげると、丸かじりしているような感覚を味わえると好評でした。

自分で食事ができる子なら多少大きくても大丈夫ですが、大きい肉を食べさせる場合は、注意して見てあげるようにしましょう。

次ページ :  ■お手軽「ローストチキンレッグ」 「丸焼き」…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年4月23日今日の献立

大人も子どもも大好きなネギトロ丼に長芋で食感とボリュームをアップ。ご飯が進む2品の副菜でバランスよく。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.