iメンテナンス終了のご報告

オシャレでかわいいキャロットライス! ニンジンで彩り◎お弁当レシピ

 

© go2spike - Fotolia.com


彩りはもちろん、栄養価も優れたニンジンは、お弁当にぜひとも取り入れたい食材のひとつ。しかし、いつもレシピがワンパターンになってしまう、準備が面倒で意外と使いにくい! なんて声も聞かれます。そこで料理上手なママたちに、ニンジンのアレンジ術を教えてもらいました。

■ニンジンの時短調理法

© cnc-life - Fotolia.com


ニンジンは火が通るまでに時間がかかるため、お弁当に使いたくても避けてしまいがちかもしれません。この悩みを解消するアイデアを教えてもらいました。

●ゆでて冷凍
「ゆでてから冷凍しておけば、電子レンジで解凍するだけですぐに使えて便利。炒めもの用には細切りにするなど、使い分けができるように用意しておきます。

子どものお弁当には、星や花形にくりぬいて、グラッセにしたものをそのまま冷凍。これだけで一品できるし、見た目も華やかになるのでおすすめです」(31歳・5歳児のママ)

●ピーラーを使う

© hikdaigaku86 - Fotolia.com


「ピーラーで薄く切ると火が通りやすくなるし、手早く料理できます。これをマヨネーズで炒めるだけで、コクのある一品に。パパのお弁当にはコショウを振りかけています。時間があれば、薄く切ったニンジンをくるくる巻いてお花のように盛り付けることも」(30歳・3歳児のママ)

●野菜スティック
「ニンジンは生でも食べられるから、小さくカットして野菜スティックに。ちくわの中に入れても彩りがよくなります。」(39歳・小学3年生&4歳児のママ)

●常備菜を冷凍
・「きんぴらは多めに作って、お弁当用に冷凍保存します。お弁当に入れる際に、再度過熱してから入れるだけなので、楽ですよ」(40歳・小学2年生のママ)

・「ニンジンを千切りにして、調味料とともにレンチン。それだけできんぴら風のおかずになりますよ」(38歳・4歳児のママ)

ニンジンを使った料理をお弁当用にまとめて作っておけば、忙しい朝に役立ちそうです。

なお自分の家で作ったおそうざいを冷凍してお弁当に使う場合には、必ず再度加熱して入れるようにします。そのまま自然解凍でお弁当に入れることについては、次のように注意喚起されています。
●保管のポイント
自然解凍できるとして販売されている市販の冷凍おかずは、保冷剤の代わりになります。工場で作る冷凍食品は、家庭よりも厳しい衛生管理、温度管理を行っているため、自然解凍で食べることができますが、自家製の冷凍おかずを保冷剤代わりに入れることはお勧めできません。

■ニンジンのアイディアレシピ

© kariphoto - Fotolia.com


ニンジンといえば、サラダやきんぴら、グラッセが定番ですが、ほかにもアレンジできるのでしょうか? ママたちのアイデアを紹介します。
ニンジンの天ぷら
「細く切ったものをかき揚げ風にします。ニンジンだけでも甘みがあっておいしいし、子どもたちも喜んで食べてくれます。天ぷらの日にまとめて作っておいて、冷凍。お弁当には解凍後、砂糖醤油で甘辛く煮てから入れます」(39歳・小学1年生のママ)

キャロットライス
「ニンジンをすりおろしてお米と一緒に炊けばキャロットライスに。お米2合にニンジン1~2本くらい入れて、炊飯器の目盛りよりも水を少なめにしています。

ニンジン嫌いな娘のために、カレーの日のご飯として食べさせていたのですが、いまではキャロットライスが大好きになって、遠足などのお弁当にリクエストされることも」(33歳・小学5年生のママ)

にんじんしりしり
「沖縄出身のママ友に教わりました。沖縄ではにんじんと卵を炒めるそうですが、うちではさらにツナを入れています」(40歳・小学3年生のママ)

ニンジンとチーズの春巻き
「ニンジンとチーズをギョーザや春巻きの皮で揚げます。ニンジンをきんぴらなどにして味をつけておくと調味料がいらないので、お弁当にも最適」(35歳・小学3年生のママ)

ニンジンのカレー炒め
「ニンジンといえばカレーに入れるよな、と思って、カレー粉で炒めてみたらおいしかった! ジャガイモと一緒に炒めたものは、わが家のお弁当の定番に」(34歳・4歳児のママ)

肉じゃがアレンジコロッケ
「肉じゃがが余ったら、つぶしたり細かくしたりしてコロッケに。もちろん、ニンジンも入っています」(36歳・6歳児のママ)
どうして思いつかなかったのか不思議なくらい、どれも簡単にできるものばかりですね。

私もいただいたアイディアにあったキャロットライスを作ってみました。すりおろすのが面倒なので千切りにしたものを入れたのですが、ニンジンの風味がご飯にもうつり、食感もよくおいしかったです。次は手を抜かずにすりおろしに挑戦します!

赤い色合いでお弁当も華やぎ、ちょっとオシャレにもなるニンジン。ニンジンは和食にも洋食にもアレンジできるし、いろいろな食材との相性がいいので、アイデア次第でレシピの幅を広げることができます。そのうえ、保存性にも優れているなんて、じつはお弁当に最適な食材なんですね!
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年7月20日今日の献立

電子レンジ調理や冷やご飯で作れる簡単メニュー。

この記事のライター

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.