名作文学の読後感をコーヒーで再現した“飲める文庫”やなか珈琲が発売 - 太宰や漱石の名著をAIで解析

 


やなか珈琲から、名作文学の読後感をブレンドコーヒーで再現した“飲める文庫”が登場。「読書の日」のである2017年10月27日(金)より、やなか珈琲店の店舗にて期間限定で販売される。

AIを使って「文学レビュー=読後感」を分析
読後感をコーヒーの味わいで再現するために使用されたのは、なんとAI。まず、NECのデータサイエンティストが、文学作品に関する1万件以上のレビュー文を、コーヒーの味覚指標(苦味/甘味/余韻/クリア感/飲みごたえ)に変換した学習データを作成し、ディープラーニング技術を搭載したソフトウェアで分析。その結果作成されたレーダーチャートを用いて、やなか珈琲店のカップテスターが考案・開発したブレンドコーヒーが、この“飲める文庫”だ。

分析対象は、太宰や漱石の名著
データ分析に当たって対象となったのは、島崎藤村 著「若菜集」、太宰治 著「人間失格」、夏目漱石 著「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」、森鷗外 著「舞姫」の全6作品。たとえば「吾輩は猫である」は、風刺的でおかしみのある猫の語りを、ほろ苦さと甘み、香ばしく切れのある味わいで、「舞姫」では、美しい文体で描かれた若い恋を、チョコレートの様な甘味となめらかでソフトなコクで、その読後感を表現している。
次ページ :  オリジナルのパッケージには、それぞれのタイトルを印象的…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月20日今日の献立

1週間の始まりは元気が出る中華の夕ご飯で決まり! フライパンで作る蒸し物は思ったより簡単にできるのでお勧めです。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.