急な訪問でも大丈夫! 普通のおかずを“おつまみ”にする裏技をプロが解説!

 

やまもと・ちおり“チオベン”名義のお弁当やケータリングでお馴染みの、料理人。弊誌の連載ページ「Cooking」でも活躍中。

やまもと・ちおり“チオベン”名義のお弁当やケータリングでお馴染みの、料理人。弊誌の連載ページ「Cooking」でも活躍中。

今、人気上昇中の“家飲み”に欠かせないものといえば、おいしいおつまみ。既製品に頼らずに、どれもぱぱっとできる、初心者大歓迎のレシピをご紹介!これであなたも今日から“おつまみ上手”です。

料理人・山本千織さん、フードデザイナーのモコメシさん(小沢朋子)に教えてもらいました。

■普通のおかずも、“巻いたり、のせたり”だけで、おつまみに変身。
「例えばスモークサーモンで野菜を巻き込み、または小さく切ったパンの上になにかをのせて、どちらも串で刺す。そのひと手間でピンチョス風おつまみに早変わり」(モコメシさん)

■キッチンにこもりっきりは×一皿、できれば10分以内!
「せっかく人を招いたのに、主がキッチンで必死に料理をしていては、お客さんも落ち着かないもの。10分程度で1皿作り、ちょっと飲んでまた…というリズム感が理想」(モコメシさん)

■いつものおかずから食材の数を減らす=おつまみに。
「使う食材を少なくすると、おつまみ感が出ます。普通のおかずに使う食材が10だとしたら、おつまみは2~3くらいの意識で。
次ページ :  工程や調理時間も減って、一石二鳥!」(山本さん) ■もて…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ