一度は食べたい! 元フレンチシェフ×超ブランド鮮魚店のコラボ“刺身”

 

レストランジャーナリスト・犬養裕美子さんの「今日、どこで何、食べる?」。今回ご紹介するのは、『元喜(げんき)』の刺身とつまみです。


個人的に今いちばん知りたいのは、おいしい魚を適正な値段で楽しませてくれる店。そんな時、雑司が谷にオープンした『元喜』の刺身は、焼津『サスエ前田魚店』の魚を使っているという噂を聞いた。

「ホントに?」と思わず身を乗り出す。なぜならこの魚屋こそ有名レストランや日本料理店の料理人が絶賛する超ブランド店。ウエイティングリストには全国から200余りの店が並ぶという、取引が難しい魚屋なのだ。逆に考えれば、そんな魚を扱うのだから、こだわりの強い気難しい店かも。が、そんな不安もすぐに消えた。店に入って店主の顔を見たら記憶が蘇った。岡部藤夫さんは元々フレンチの料理人だったが、その後、その店がプロデュースする居酒屋のシェフも経験。独立するにあたっては「日本人でよかった!」と思う料理とお酒を揃えたいと思ったという。その目玉が『サスエ前田魚店』の魚と、土鍋で炊くご飯。刺身を食べた印象は…“一度は食べておくべき!”。余分な水分をきれいに取り除き(魚の臭みは残った水分が原因)、その魚本来の香りと味を堪能できる。
次ページ :  フレンチの技術を生かした「カリフラワーのムース」はなめらか…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年10月14日今日の献立

スパイシーなタンドリーチキンに、フルーツやチーズを使ったサイドメニューがよく合います。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ