温度で味が変わる!? 奥深きコーヒーの世界

 


あなたにとって、一息つきたいときに飲むものといえば何ですか?筆者は、もっぱらコーヒー派。インスタントでも、缶でも、喫茶店で出てくるような本格的なものでも、特にこだわりはないのですが、使用する水や温度によって、味が変わるそうなんです!

水の硬度で味が変わる

コーヒー好きなら誰でも知っている(?)、UCC(UCC上島珈琲株式会社)。同社のホームページでは、「おいしいコーヒーの淹れ方」と題し、「初心者」「中級者」「上級者」、それぞれに適したコーヒーの知識を教えてくれます。

そのなかで気になったのが、「水による味の違い」。なんでも、使用する水が軟水か硬水かによって、コーヒーの味が変わるのだとか。

・軟水…マイルドで酸味の立つ味わいになる。コーヒーそのものの特徴が出やすい。
・硬水…マグネシウムの多い水を使った場合には、特に苦味が強くなる傾向がある。

これまでは何も気にせずに淹れていたけど、今度からは水の硬度にも注目してみようと思いました。軟水と硬水で飲み比べてみるというのも楽しそう!

高温すぎるお湯はNG!

また、水の硬度だけでなく、温度でも味に変化があるといいます。その理由は、お湯の温度によって抽出される成分が異なるから。
次ページ :  低温のお湯の場合、酸や糖などの粒子が小さく軽い成分が抽…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年5月26日今日の献立

週末には家族でちらし寿司を。お刺身などの特別な材料を使わず、カジュアルに!

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.