お家で料亭気分! 一度は挑戦したい「料亭の味!ハモの天ぷら」

 

夏の味覚として有名なハモ。ハモは水揚げしても24時間は皮膚呼吸で生きられるほど生命力の強い魚だそうです。また、特に関西では馴染みが深い食材で、京都・祇園の料亭にも欠かせない料理の1つ。

ハモ料理というと、湯引きして梅肉などで食べる方法が有名ですね。ですが今回は、夏野菜とともに天ぷらにしていただくレシピをご紹介したいと思います。

ハモには、貧血予防に効果があるビタミンAやカルシウム、皮膚の老化防止に役立つコンドロイチンが多く含まれており、栄養満点。スーパーで見かけた際には、ぜひ挑戦してみて下さいね。

■料亭の味!ハモの天ぷら

調理時間 20分 1人分 429kcal



<材料 2人分>
ハモ(生) 4切れ
ナス 1/2本
カボチャ 4切れ
オクラ 2本
梅干し 2個
塩 適量
レモン 1/4個
<衣>
 卵 1/2個
 冷水 120ml
 小麦粉 1/2カップ
揚げ油 適量

<下準備>
・ハモは食べやすい大きさに切る。


・ナスはヘタを切り、縦4つに切って水に放ち、しっかり水気を拭き取る。

・オクラは塩でこすって繊毛を取り、水洗いして水気を拭き取る。楊子で5~6箇所刺し、穴をあける。

・梅干しはキッチンペーパーに包み、余分な水分を取る。

・レモンは半分に切る。

・<衣>を作る。ボウルに氷水を入れ、少し大きめのボウルを重ね、卵を割り入れて冷水を加え、泡立て器でよく混ぜ合わせる。

・揚げ油を170℃に予熱し始める。

<作り方>
1、ハモ、ナス、カボチャ、梅干し、オクラに薄く<衣>の小麦粉をつける。


2、ボウルの底を氷水で冷やした卵液のボウルに残りの小麦粉を加え、太めの菜ばしでサックリ混ぜる。カボチャを<衣>に通して揚げ油に入れ、揚げる。


3、続けてナス、オクラ、梅干しを<衣>に通して揚げる。ハモは<衣>を通し、皮側の衣を少し落としてから揚げ油に入れ、揚げる。


4、器に盛り合わせ、塩、レモンを添える。


手軽に高級な気分が味わえるので、日頃頑張っている自分や家族へのご褒美にもおすすめですね。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年8月23日今日の献立

スズキの塩焼きはもろみと合わせた野菜を添えて。アボカドはおつまみにもオススメな一品に!

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ