愛あるセレクトをしたいママのみかた

濃厚な中に爽やかな酸味! 春色スイーツ「イチゴのティラミス」

 

90年代に大ブームとなったイタリアのスイーツ「ティラミス」。
本来はエスプレッソコーヒーを使ったほろ苦い味わいが特徴のスイーツですが、今回は旬のイチゴを使ったティラミスをご紹介します。

イチゴの甘みと酸味がマスカルポーネチーズとベストマッチ。
赤色のシロップと白色のクリームの層に、グリーンのミントの葉をのせた、見た目もキュートなひな祭りカラーのスイーツです。

■イチゴのティラミス

調理時間 20分


レシピ制作:パティシエール、料理家 河田 麻子



<材料 約4人分>
卵黄 2個分
グラニュー糖 60g
ブランデー 30ml
マスカルポーネチーズ 250g
生クリーム 300ml
フィンガービスケット 適量
イチゴ 適量
ミントの葉 適量
ココアパウダー 適量
<シロップ>
 イチゴ 100g
 フレーズリキュール 10ml
 キルシュ 10ml

<下準備>
・<シロップ>のイチゴをミキサーにかけてピューレ状にし、フレーズリキュール、キルシュと合わせておく。


<作り方>
1、ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れて、白くもったりするまですり混ぜる。


2、ブランデーを加えて、湯煎にあてながら絶えず混ぜ、ボウルの底が見えるくらいに濃度がついたら湯煎から外す。


3、別のボウルにマスカルポーネチーズを入れてなめらかになるまで混ぜ、(2)を少しずつ加えてよく混ぜる。さらに7分立てにした生クリームを2~3回に分けて加え、ゴムベラでふんわりと混ぜ合わせる。


4、器の側面にスライスしたイチゴをはりつけ、(3)のクリームを絞り入れる。フィンガービスケットを並べ入れ、ハケで<シロップ>をたっぷりとぬり、再びクリーム、フィンガービスケット、<シロップ>の順に重ねて層にし、最後にクリームを絞る。


5、仕上げに薄くココアパウダーを振るい、お好みの大きさに切ったイチゴ、ミントの葉を飾る。


コツ・ポイント 
・フレーズリキュールとは、イチゴのリキュールです。
お子さんも食べる場合は、ブランデー、フレーズリキュール、キルシュは抜いて作ってくださいね。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2022年8月11日今日の献立

楽しいホットプレートを囲んでのパーティーメニュー! 熱々が楽しめるメインにさっぱりとしたサラダとアイスクリームの献立です。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ