マヨネーズで面倒な衣づけが簡単に! 「鮭のフライ」

 

私にとってフライはハードルの高いメニューのひとつでした。

フライに欠かせない衣は、小麦粉、卵、パン粉の順につけていきます。でもそうすると、これらを入れるバットが3つ必要だったり、卵が余ってしまってもったいなかったり…、とあまり作る気になれませんでした。

そんな思いを払拭してくれたのが、小麦粉と卵を「マヨネーズ」で代用する方法。これならパン粉を入れておくバットが1つあればOK!

卵はマヨネーズに入っているので必要なし。手間が大幅に省けるので、フライ作りがとっても気軽になりました!

一般的な作り方よりも衣はちょっと薄付きにはなりますが、家庭用ならこれで十分だと思います。

■鮭のフライ


レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 2人分>
生鮭 2切れ
塩、こしょう 少々
マヨネーズ、パン粉 各適量
揚げ油 大さじ4
お好みでソースやレモン 適量

<作り方>
1、生鮭は1切れを2ー3等分に切り、塩、こしょうをする。

2、(1)のまな板の上で、鮭の片面にマヨネーズをたらし、手で伸ばす。ひっくり返し、同様にマヨネーズをつける。

3、パン粉をつけ、熱した油で揚げ焼きにする。


4、器に盛り、お好みでソースやレモンをかけていただく。

鮭は、ビタミンDという成分が多いのが特徴です。ビタミンDは骨を強くする栄養素。カルシウムを骨にする働きがあります。

なので、カルシウムがちゃんととれていても、ビタミンDがとれていなければ、丈夫な骨はできません。子どもなら発育不良、大人なら骨粗しょう症の原因に。

なじみのないビタミンだと思いますが、実は大切な栄養素なのです。また、油に溶ける性質があるので、揚げ物にすると吸収率が高まります。

ということで、このメニューにはカルシウムの多いクリームシチューを合わせたり、カルシウム豊富な青菜のお味噌汁をつけたり、食後にヨーグルトを食べたりすると最適な組み合わせになりますよ。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年11月12日今日の献立

ブリの混ぜご飯をメインに、甘みが増している春菊やホウレン草の副菜を揃えた和食の献立です。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ