余った豚汁が献立の主役に! 「豚汁うどん」

 

寒い季節は特に出番が多い豚汁。各家庭それぞれオリジナリティがあって、同じ味は2つとない。そんな一品ではないでしょうか。

ただ、具だくさんだからこそ美味しく仕上がるあまり、ついつい作りすぎてしまうということはありませんか。そんな日の翌日にぜひ作って欲しいのがこちらのレシピ。うどんを入れれば立派な献立の主役になります。

■豚汁うどん

調理時間 30分  1人分 295Kcal


レシピ制作:E・レシピ


<材料 4人分>
うどん(冷凍) 4玉
豚肉(薄切り) 150~200g
大根 6cm
ニンジン 1/2本
ゴボウ 1/2本
シイタケ 2個
油揚げ 1/2枚
刻みネギ 大さじ4
だし汁1000ml ※
みそ 大さじ4
しょうゆ 小さじ2
ゴマ油 大さじ2
ユズ皮 4片
一味唐辛子(又は七味唐辛子) 適量

(※)だし汁の作り方はこちら↓をご参照ください。
http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/16419e06c7dc88fc1ce805529b019425.html

<下準備>
・冷凍のうどん玉は熱湯でサッとゆでてほぐし、しっかり水気をきっておく。


・豚薄切り肉はひとくち大に切る。

・油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、食べやすい大きさに切る。

・大根は皮をむいて縦4つに切り、厚さ5mmのイチョウ切りにする。

・ニンジンは皮をむいて縦半分に切り、厚さ5mmの半月切りにする。

・ゴボウはたわしできれいに水洗いし、斜め薄切りにして水に放つ。

・生シイタケは汚れを拭き取り、石づきを切り落として軸と笠に分け、軸は縦に裂き、笠は4等分に切る。

<作り方>
1、鍋にゴマ油を強火で熱し、豚薄切り肉が白っぽくなるまで炒める。大根、ニンジン、ゴボウを炒め合わせ、生シイタケを加えてさらに炒め合わせる。


2、全体に炒められたらだし汁を加え、煮立ったらアクを取り、具が柔らかくなるまで12〜15分煮る。


3、油揚げを加えてみそを溶き入れ、再び煮立ったらうどんとしょうゆを加えて火を止める。


4、器によそい、ユズ皮を添えて刻みネギを散らす。お好みで一味唐辛子、または七味唐辛子を振る。



具材はお好みでいろいろ変えてみても楽しいですね。たくさん野菜を入れたり、うどんをお餅に変えたり、アレンジが広がりそうです。
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月22日今日の献立

彩り鮮やかな食卓で、週末のディナーを楽しみましょう。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.