土鍋をフル活用! 炊飯器より早い「土鍋炊きのトマトピラフ」【今日の時短ごはん Vol.11】

 

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。今回は、冬に活躍した土鍋を使った爽やかなごはん、「土鍋炊きのトマトピラフ」をご紹介します。トマト嫌いのお子さんにもぜひ試していただきたい一品です。



■「土鍋」がご飯を炊くのに最適な理由

鍋の季節が過ぎると、棚の奥に追いやられがちな「土鍋」。実は一年中活躍する優秀なお鍋です。とくに、普段の「ごはん」を炊くのにはぴったり。

「始めチョロチョロ中パッパ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて、赤子泣くともふたとるな、最後にワラを一握りパッと燃え立ちゃ出来上がり。」

© Nishihama - Fotolia.com


一度は耳にしたことがあるかも? しれないこのフレーズ。実はこの歌、江戸時代に鉄の羽釜が普及したころにできたと言われていて、「上手にご飯を炊くコツ」を教えてくれています。土鍋は、火のあたりがやわらかいから、ご飯を炊くのに最適なお鍋なのです。


▼「始めチョロチョロ」
まきをくべるように、鍋の中の温度がゆっくり上昇する火加減になるようにして、お米の甘みを引き出します。

▼「中パッパ」
一気に強火にして沸騰させ、お鍋の中を対流させます。お米をやわらかくし、粘りのある仕上がりです。

▼「ジュウジュウ吹いたら火を引いて」
沸騰したら火を弱めて、ご飯が焦げない程度の高い温度を保ち、お米をふっくらとさせます。

▼「赤子泣くともふたとるな」
沸騰した後は、途中でふたを開けずに最後まで蒸らすことで、一段とふくらみと甘味を増します。

▼「最後にワラを一握りパッと燃え立ちゃ出来上がり」
最後に一瞬火を強めて、お鍋の中の余分な水分を飛ばします。


お鍋で炊くご飯は、実は炊飯器よりもわりと早く炊けるんですよ。そのうえ、甘くふっくらと仕上がり、一度食べたらやみつきに!



今回ご紹介するトマトピラフは、お鍋の中にご飯と具材を一緒に入れて炊き上げます。忙しい時は、この具だくさんのごはん一品で完結することもできますね。アサリの出汁とオリーブオイルのコクが加わり、トマト嫌いのお子さんにも食べやすいですよ。

■「土鍋炊きのトマトピラフ」の作り方

調理時間30分

ケチャップライスのような見た目のトマトピラフ。ご飯を炊いて、具材とご飯を炒めて…の手間がかからず、土鍋ひとつで作れます。

あさりとトマトからうま味が出るので、出汁いらず。火をつけてから10分後くらいの沸騰する頃と、さらに10分後の炊き上がりの時間だけ確認すれば、あとはお鍋がおいしく仕上げてくれます。

レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野 美樹



<材料> 4人分
白米    2合
水     360cc~
トマト   1ケ
あさり   100g
コーン   50g
塩     小さじ1
オリーブオイル 大さじ1

次ページ :  「蒸し料理」「炒め物」…土鍋の活用度は幅広い! >>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ