愛あるセレクトをしたいママのみかた

ビタミンCたっぷり! 美肌効果も期待できる「焼きパプリカの甘酢マリネ」

 

スライスしてサラダなどでよく使われるパプリカは、焼くことでぐんと甘みが出るピーマンの仲間。ビタミンCやカロテンが豊富なので、美肌効果も期待でき、日焼けが気になるこの季節に食べておきたい野菜です。

今回ご紹介する「焼きパプリカの甘酢マリネ」は、こんなに焦がして大丈夫?というくらいに黒く焦がすのがポイント。焼き網がない場合は、フォークなどで刺したパプリカをコンロの直火であぶるか、グリルで焼いてもOK。
甘くてトロッとした食感のパプリカをモッツアレラチーズと和えれば、パスタやハンバーグの副菜にぴったり。しっかり焦がして甘みを堪能してくださいね。

■焼きパプリカの甘酢マリネ

調理時間 30分


レシピ制作:杉本 亜希子



<材料 2人分>
<作り置き!甘酢:作りやすい量>
 酢 150ml
 砂糖 大さじ4
 塩 小さじ1
<焼きパプリカの甘酢マリネ>
 赤パプリカ 1個
 モッツァレラチーズ 50g
 イタリアンパセリ(あれば) 適量
<マリネ液>
 甘酢 大さじ1
 ユズコショウ 少々
 サラダ油 小さじ1.5

<下準備>
・<作り置き!甘酢>材料を全て小鍋に合わせ、一度煮たてて、砂糖が溶けたら火を止める。常温になるまで冷まし、保存瓶などに入れて冷蔵保存する。

・<焼きパプリカの甘酢マリネ>の赤パプリカは焼き網にのせ、強火で表面が真っ黒になるまで焼く。粗熱が取れたら皮をむき、縦半分に切ってヘタと種を取り、さらに縦細切りにする。


・ボウルで<マリネ液>の材料を混ぜ合わせる。

<作り方>
1、<マリネ液>のボウルに赤パプリカ、モッツァレラチーズを手でちぎりながら加え、手で味が馴染むように混ぜ合わせる。


2、食べる直前まで冷蔵庫で冷やし、器に盛る。あればイタリアンパセリを飾る。


自家製の甘酢に柚子胡椒を少し加えることで、ちょっぴり和風なピリ辛テイストを味わうことができます。
ビタミンCやカロテンも豊富なパプリカは、日焼けによるシミ予防に効果が期待できる美肌野菜。
太陽の日差しが厳しくなってきたこの季節、意識して食べましょう!




E・レシピで作り方をもう一度チェック↓
レシピ
焼きパプリカの甘酢マリネ
焼きパプリカの甘酢マリネ

焼いて甘味が増したパプリカに自家製甘酢にユズコショウを足して和風マリネに。

  • 30分
  • -

関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年5月11日今日の献立

メインは定番の串カツ! たくさん食べてしまった時はたたきキュウリの酢じょうゆでサッパリと。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ