香ばしさと薬味の香りが食欲そそる!「焼きアユの炊き込みご飯」

 

アユの魅力はそのおいしさもさることながら、そのまま焼いて骨のも一緒に食べられるのが魅力。食べられる時期も決まっているので、旬の今だからこそ、積極的に食べたい魚でもあります。

ただ具材を炊き込むだけではなく、このレシピのポイントは「焼きアユ」です。あらかじめグリルで焼いた香ばしいアユがより旨味を引き出します。

ひと味違った炊き込みご飯を、ぜひお試しください。

■焼きアユの炊き込みご飯

調理時間 1時間 1人分 359Kcal


レシピ制作:E・レシピ



<材料 2人分>
お米 1.5合
アユ 2尾
 塩 小さじ1.5
ショウガ(みじん切り) 1/2片分
ミョウガ 1個
大葉 5枚
だし汁 300ml (※)
<調味料>
 酒 大さじ1.5
 みりん 大さじ1/2
 薄口しょうゆ 大さじ1
 塩 小さじ1/4

※だし汁の作り方はこちら↓をご参照ください。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/16419e06c7dc88fc1ce805529b019425.html

<下準備>
・お米は炊く30分以上前に洗ってザルに上げる。

・アユは包丁の先で尾から頭に向かって軽くしごく様にヌメリとウロコをこそげ、サッと水洗いし、水気を拭き取っておく。全体に塩を振り、両面に薄く焼き色がつくまでグリルで焼く。

・ミョウガは縦半分に切り、さらに縦に薄切りにして水に放ち、水気を絞る。

・大葉は軸を切り落とし、せん切りにしてサッと水に放ち、水気を絞る。

<作り方>
1、炊飯器に洗い米、ショウガ、<調味料>の材料を加え、通常に炊く水加減の量になるようにだし汁を加え、ひと混ぜする。


2、焼いたアユをのせてスイッチを入れ、炊き上がったら10~15分蒸らし、アユだけを取り出す。


3、アユの頭、尾、骨、ワタを取り除き、ミョウガと共に炊飯器に戻し入れ、全体に混ぜ合わせる。器に盛り、大葉を散らす。


このレシピのポイント・コツ
・お米の洗い方。ボウルに計量したお米とたっぷりの水を入れ、混ぜずにすぐ水を流します。ひたひたまで水を入れて両手でお米をすくい取り、すり合わせるように軽くお米とお米を何回かこすります。にごった水を流し、蛇口から水を勢いよく加え、白濁しなくなるまでこれを何度か繰り返してザルに上げます。最初に入れる水を最もお米が吸収しやすいので、より良質な水を使う事をおすすめします。
香ばしいアユと、薬味の香りがひきたつ、大人レシピです。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年11月21日今日の献立

和風ハンバーグにゴマ和え、桜エビのシンプル炒め。白ご飯に合う3品です。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ