iメンテナンスのお知らせ

苦手な野菜がおいしくなる! アレンジも広がる作り置き 「春野菜のオイル蒸し」【今日の時短ごはん Vol.1】

 

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。だいぶお日様が高くなり、春のお野菜が出回ってきましたね。今回は、そんな春野菜のうまみをギュッと閉じ込めた「春野菜のオイル蒸し」をご紹介します。



■苦手な野菜は「オイル蒸し」すると美味しくなる!

「オイル蒸し」のよいところは、なんといっても野菜がたっぷり食べられること。たとえば、キャベツの千切りは2枚もあればお皿山盛りになってしまいますが、オイルを加えて蒸し煮することでカサがかなり減ります。野菜が持つ水分を利用して、ふたをして火を入れるから、少しのオイルで全体に火が通るのです。

また、生野菜は体を冷やしやすい素材ですが、温野菜は体を温めながらいただくことができます。オリーブオイルを加えて火を入れることで、野菜特有の生臭み、青臭さのようなものも気にならなくなり、苦手な野菜も食べやすくなりますよ。野菜嫌いのお子さんにはもってこいの調理法です。

つけあわせに生野菜や蒸し野菜もいいけど、油と合わせて蒸すことでビタミンが吸収されやすくなる「オイル蒸し」もレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。

■「春野菜のオイル蒸し」の作り方

調理時間 17分


レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野美樹


【材料】4人分
キャベツ 4枚
赤かぶ 1ケ  
にんじん 1/2本 
しめじ 1/2房
ふきのとう 8ケ 
塩 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ2
「赤かぶ」→ トマト、パプリカ、紫キャベツ、ラディッシュ、赤たまねぎ など。
「ふきのとう」→ ブロッコリー、インゲン、アボカド、アスパラガス など。
「にんじん」→ カボチャ、サツマイモ、とうもろこし などでもOKです。
次ページ :  「春野菜のオイル蒸し」の作り方 >>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年6月27日今日の献立

ビタミンの宝庫、緑黄色野菜を多く使った献立。食後のデザートが付くと、ごちそう気分が高まりますね。

この記事のライター

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.