【フランス風おもてなし料理 第1回】パプリカとズッキーニの南仏風マリネ[PR]

 


特集連載、フランス風おもてなし料理。
第一回は今の季節にふさわしい前菜は彩り華やかなパプリカとズッキーニを使ったマリネ。
冷たいアペリティフとしてもメインに添えるサイドメニューとしても重宝する一品です。

マリネ液の準備

まずはマリネ液にもなる、ビネグレットソースを作ります。
ビネグレットソースはフランスの基本的なドレッシング。前菜やサラダに欠かせない一品です。

材料:
レモン汁(またはビネガー):大さじ2
エキストラバージンオリーブ:大さじ6
塩:適量、(マスタードをお好みで)



【1】
レモンは絞りやすくなるように、まな板で上から転がすように、押さえておきます。
【2】
半分にカットしたら、種をとり、果汁を絞ります。
【3】
レモン汁の3倍の量のオリーブオイルを加えます。
【4】
塩で味を整えます。お好みでマスタードを加えても。

基本はレモン汁1に対して、オイル3の分量。
作りおきではなく、酸化しないよう食べる量だけ作るのがおすすめ。生食するオリーブオイルはエキストラバージンを。いいオイルを使うと香り高いソースになります。
レモン汁の代わりにビネガーでもOKです。

焼きパプリカとズッキーニの準備

材料:
パプリカ(赤):1個
パプリカ(黄色):1個
ズッキーニ:1本


【1】
プリカをカットして種をとり、魚焼きグリルで真っ黒になるまで焼きます。
次ページ :  オーブンで焼く場合はカットせず、丸ごと焼いて下さい。 …>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年9月27日今日の献立

クミンシードやターメリックの香りが食欲をそそります。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.