【砂糖・保存料不使用】カゴメGREENSに新フレーバー登場!

 


毎日、家事や育児、人によっては仕事と大忙しのママは、自分のことを後回しにしがち。だから、「もう少し、自分のケアもしたい」と願う人も少なくないのでは?でも、時間に追われる毎日でなかなかケアする時間はとれないもの。そんなときは、お手軽にとれるドリンクに注目してもいいかもしれません。

カゴメのスムージーはカラダにやさしい味わい

「自然を、おいしく、楽しく。」で有名なカゴメは、「野菜生活」や「食物せんい入り青汁」、「カゴメトマトジュース」など、カラダにやさしい飲料を数多く発売しているので、一度は飲んだことがあるという人も多いでしょう。

そんなカゴメが、「GREENS」というスムージーを手掛けていることをご存じでしょうか?同シリーズの特徴は、砂糖や保存料は不使用で余計な熱を加えずに、カゴメ独自の低温あらごし製法によって作られていること。このこだわりによって、まるで野菜と果実をミキサーにかけたようなあらごし食感とおいしさを実現しているのだとか。

気になるラインナップは、以下の4種類。

・グリーンスムージー
原材料:にんじん、小松菜、ほうれん草、りんご、バナナ、キウイフルーツ、パインアップル、レモン

・リフレッシュスムージー
原材料:にんじん、りんご、グレープフルーツ、パインアップル、レモン、グレープフルーツ果実繊維

・ベリーアサイースムージー
原材料:にんじん、ビート、りんご、ぶどう、レモン、いちご、ラズベリー、アサイーエキス

・ピーチざくろスムージー
原材料:にんじん、ビート、トマト、りんご、もも、レモン、ぶどう、ざくろ、グレープフルーツ果実繊維、オレンジピール、(一部にオレンジ、もも、りんごを含む)

筆者は、2018年4月10日に新発売となった「ピーチざくろスムージー」を飲んでみたのですが、素材の味わいはもちろん、繊維の舌触りもあり、まるで手作りのスムージーを飲んでいるような感覚でした。
次ページ :  前述の通り、原材料が野菜とフルーツだけなのも、なんだかちょ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年7月22日今日の献立

豚ひき肉で作るミートボールをおしゃれなソースで仕上げます。色鮮やかな生野菜の副菜を添えた洋食献立。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.