しその香りで食欲アップ! 梅雨にぴったりの「しそのジェベーゼ風パスタ」

 

本格的な梅雨シーズン。この時期特有のジメジメを、しその爽快感でリフレッシュしましょう!

普段、しそは添え物や薬味に使われて目立たない役回りの存在ですが、栄養成分の多さで群を抜いています。例えば、抗酸化作用やがん予防の働きのあると言われているベータカロテンは、100gで11,000μg(マイクログラム)も含まれており、同じく多いとされているにんじんの1.3倍。緑黄色野菜の代表といえるのです!

また、しその香り成分には強い殺菌作用があるので、この時期にはうってつけ。



わき役ではなく、主役で使うべくおすすめしたいのが、ジェノベーゼソースにすることです。ジェノベーゼソースは一般的にはバジルを使いますが、同じく香りが高いしそでもおいしく作ることができます。

とくにベータカロテンは油と組み合わせると吸収率がアップするので、オリーブ油と組み合わせるこのソースは、体内への吸収面でもおすすめ。

多めに作っておけば、パスタだけでなくトマトにかけたり、パンにぬったりとアレンジもききますよ。

■しそのジェベーゼパスタ


レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 2人分>※ジェノベーゼソースは作りやすい分量で
スパゲッティ 160g
ジェノベーゼソース 下記より100g
オリーブ油 適量
しそ(トッピング用) 数枚

<ジェノベーゼソース>
しそ 40g
クルミ 50g
にんにく 1/2片
粉チーズ 30g
塩 小さじ1
オリーブ油 1/2カップ

<作り方>
1、スパゲッティを1%の塩分の湯でゆでる。

2、しそは2-3等分にちぎる。トッピング用のしそは千切りにする。

3、フードプロセッサーまたはハンドブレンダーの容器にジェノベーゼソースの材料をすべて入れ、攪拌する。

4、ゆであがったスパゲッティと(3)のソースを100g、オリーブ油、スパゲッティのゆで汁適量(分量外)をボールに入れ、和えて器に盛る。

5、しそをトッピングする。

栄養面でも殺菌面でも優秀なしそレシピ、ぜひお試しくださいね!


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月26日今日の献立

甘辛の丼に、あっさり塩味のスープと冷奴を合わせました。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.