いつものトーストが変わる! 簡単アレンジでおいしい朝食を

 

[PR]

今日の朝ごはん、何を食べましたか? 昨日、おとといは?
そういえば、毎日トーストとコーヒー、ヨーグルトと代わり映えのしないメニューばかり、という人は多いのではないでしょうか。

大切な家族はもちろん、自分自身が元気に一日をスタートするためにも、とびっきりの朝食を用意するのが理想ですが、あわただしい朝にたくさんの品数を用意するのは大変です。

そこで、いつものトーストにひと工夫するだけで、ボリュームもバランスも、気分だってアップできる簡単&手間いらずなアレンジトーストレシピを、料理研究家のみないきぬこさんに教えていただきました!
レシピを教えてくれたのは…
みないきぬこさん
料理家。女子栄養大学卒業後、料理研究家の枝元なほみ氏のアシスタントを経て、2007年に独立。料理家、フードコーディネーターとして雑誌やテレビ、広告などで活躍。著書『はじめてのストウブ』(池田書店)

朝から幸せ気分に浸れる♪ 簡単&時短なアレンジトースト


みないさん発案のアレンジトーストに使う主な材料は、食パンとフランスパン、そして「帝国ホテル ホテルマーガリン」。
これらを、いま大人気のおしゃれで高機能なバルミューダのトースターを使って焼き上げます。

ふわとろ食感&フルーツの酸味が◎! フレンチトースト



【材料】2人分
  1. フランスパン(4cm厚み) 4切れ
  2. A(たまご2個 牛乳3/4カップ(150cc) 砂糖大さじ1)
  3. フルーツ(ブルーベリー、ラズベリー、オレンジ、バナナなどお好みのもの) 適量
  4. 帝国ホテルマーガリン 30~40g
【作り方】
  1. バットにAを合わせてバゲットを入れ、たまご液がしみ込むまで15分ほどつける。途中、裏返す。(一晩おいて冷蔵庫での保存も可)
  2. 耐熱皿に1をのせ、フルーツをちらし、マーガリンを所々のせる。トースター(1300W)で焼き色がつくまで10~12分焼く。お好みでさらにマーガリンをのせても。
【レシピのポイント】
Aの卵液は、少し泡立つ程度にしっかりかき混ぜることで、ふわっとした食感に。フルーツは季節にあわせてアレンジすると、また違った風味が楽しめますよ。
夜のうちに、卵液を浸したフランスパンを耐熱皿に並べて冷蔵庫で保存しておけば、朝はフルーツとマーガリンをのせて焼くだけと簡単です。

【編集部が食べてみました!】
卵液のやさしい甘さと焼いたフルーツの酸味、マーガリンの程よい塩気が絶妙なバランス!
ふんわり、とろ~りな口どけはやみつきになること間違いなし。フルーツのさわやかな香りも相まって、いつもよりちょっぴり贅沢な朝食が楽しめますね。
熱々に焼けたフレンチトーストのうえにマーガリンをのせれば、よりコクのある深い味わいに。平日はもちろん、休日のブランチやおもてなしにも喜ばれそうです。

野菜がたっぷり食べられる♪ ガーリックトーストサラダ



【材料】2人分
  1. 4枚切り食パン 1枚
  2. A(にんにくすりおろし小さじ1/2 帝国ホテルマーガリン大さじ1)
  3. レタス(あればロメイン) 4枚(150~160g)
  4. きゅうり 1本
  5. トマト 1個
  6. 粉チーズ 大さじ3~4
  7. B(ヨーグルト、マヨネーズ各大さじ2 オリーブオイル大さじ1/2~1 塩、粗びき黒こしょう各少々)
【ガーリックトーストサラダ】の
作り方はこちら>>
次ページ :  【ガーリックトーストサラダ】の作り方はこちら >>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年10月17日今日の献立

メインは、サツマイモがたっぷり入ったクリーミーな煮物。副菜にはキャベツたっぷりのコールスロー。サングリアを添えたおしゃれな献立です。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.