見映えバッチリなのに簡単! 食卓が華やぐ「ローストビーフ」

 

卒園や卒業など、何かとお祝い事の多いシーズン。これさえあればそれだけで食卓が華やぐ、というレシピは忙しいママの強い味方ですよね。

今回ご紹介するのは、季節を問わずにパーティーメニューとして大活躍してくれる「ローストビーフ」。すでに完成されたものをお店で買うこともできますが、お肉を選ぶところから始める手づくりのローストビーフはまた格別です。「自家製」と名がつくだけで特別感も増しますよね。

豪華な見映えですが、実はフライパンひとつで簡単にできる点からもおすすめのレシピです。気軽にトライしてみてくださいね。

■ローストビーフ

調理時間 1時間



レシピ制作:フードコーディネーター 山下 和美



<材料(作りやすい量 )>
牛もも肉 400~500g
 塩 小さじ1
 粗びき黒コショウ 適量
 ニンニク(すりおろし) 1片分
サラダ油 大さじ1
ローリエ 3枚
タイム 4本
<ソース>
 赤ワイン 150ml
 バター 10g
 しょうゆ 小さじ1
 塩コショウ 少々
<付け合わせ>
 小カブ 1~2個
 ブロッコリー 1/4株
 赤パプリカ 1/2個
 黄パプリカ 1/2個
 バター 15g
 塩コショウ 少々
粒マスタード 適量

<下準備>
・牛もも肉は冷蔵庫から出して常温に30分程置く。塩、粗びき黒コショウ、ニンニクを全体にすり込む。

・小カブは茎を1.5cm程残して皮をむき、縦に4〜8等分に切る。ブロッコリーは小房に分ける。パプリカは種とワタを取り除き、食べやすい大きさに切る。

<作り方>
1、フライパンにサラダ油を熱し、牛もも肉を入れ、中火で全体に焼き色が付くまで焼く。ローリエ、タイムを加え、蓋をして弱火で、時々裏返しながら5~6分蒸し焼きにする。


2、牛もも肉を取り出し、アルミホイルで包み、室温に30分程置く。


3、<ソース>を作る。焼き汁の残ったフライパンに赤ワインを加え煮詰める。バター、しょうゆを加え、塩コショウで味を調える。


4、<付け合わせ>を作る。耐熱容器に小カブ、ブロッコリー、パプリカを並べ、小さく切ったバターをのせ、ラップをして電子レンジで2~3分、やわらかくなるまで加熱する。塩コショウをする。


5、(2)をお好みの厚さに切り、皿に盛る。<ソース>をかけ、<付け合わせ>と粒マスタードを添える。


調味料やハーブをお好みでアレンジすると、また違った味が楽しめます。
コツ・ポイント ・電子レンジは600Wを使用しています。
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月22日今日の献立

火を通したチーズやハーブの香りが食欲をそそります。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.