「1日1個のりんごで医者いらず」今が旬のりんごを食べよう!

 

“An apple a day keeps the doctor away.”というイギリスのことわざをご存知ですか? 「1日1個のりんごを食べていれば医者にかからなくて済む」という意味です。りんごは古くから栄養価の高い食材として知られていました。


りんごは皮ごと食べるのが理想。表面がツルツルしているのはワックスではなく、りんご自体がもつ天然の物質なんだそう。農薬は水洗いをしっかりすれば心配ないようです。

健康&美容効果の高いりんごりんごは便秘解消に効果的な食物繊維がたっぷり。とくにの部分に多く含まれ、腸の働きを活発にして消化吸収を助けてくれます。強い抗酸化力を持つポリフェノールも豊富で、血流促進、美肌効果や肥満予防効果、口臭や虫歯予防などの効果も期待できるそう。

また、繊維成分であるペクチン整腸作用を促すだけでなく、中性脂肪を減らし、血糖値の上昇も抑制してくれるそうです。体内の塩分を排出する働きをもつカリウムも多く、むくみ予防にも効果大だとか。こんなにも健康&美容効果の高いりんご、毎日1個食べたくなりますね。

加熱しても栄養はほぼ失われないりんごはすりおろしてジュースにしても、加熱しても、栄養がほとんど変わらないと言われています。それどころかペクチンは加熱することで、生よりも抗酸化力が9倍も増えるそうです。皮ごと食べやすくもなり、甘みも増して、食後の満足感が得やすくなるのもダイエット時には嬉しいですね。生だけでなく焼いたり煮たりとさまざまな食べ方を楽しめるのも、りんごの魅力です。

【おすすめの食べ方】スライスしたりんごを少量のバターをひいたフライパンでしっとりするまで焼き、シナモンパウダーを振りかけるだけでちょっとしたデザートに。ヨーグルトを添えても美味しいです。
次ページ :  「簡単りんごジャム」を作ってみよう 砂糖には防腐…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年2月23日今日の献立

卵黄をからめて食べる鶏つくねはご飯もお酒もすすみます。香り良い炒めものとホッコリするカボチャ煮の組合せ。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.