冬至にはコンニャクとカボチャを食べて運気アップ!

 

冬至にはコンニャクとカボチャを食べて運気アップ!

冬至にはコンニャクとカボチャを食べて運気アップ!

今年の冬至は12月22日。1年でもっとも昼の時間が短い日なので、昔から、太陽の力がもっとも弱まる日と考えられていました。これからはじまる本格的な冬の寒さに備えるのが昔からの冬至の習わしです。また、新しくはじまる太陽の日に向けて、厄落としをする日でもありました。

ユズを浮かべたお風呂に入って、体の芯から温まるのも冬至の風習のひとつです。それだけでなく、冬至の日に食べると良いとされているものもいろいろあります。コンニャクやカボチャなどです。

お腹の中からきれいになって厄を落とすという願いが込めて、冬至の日にはコンニャクを食べる習慣があります。コンニャクは、お腹のなかに溜まった「砂」を掃除する「砂おろし」と考えられていました。実際に、コンニャクには食物繊維が豊富に含まれているので、「砂おろし」食材としてぴったりです。

カボチャは風邪予防に良いとされる食べ物。ビタミンA、C、Eに加えて鉄分も含まれていて、粘膜を強くし、風邪のウィルスの侵入を防ぐ働きも期待されます。この時期にカボチャを食べると良いとした昔の人の知恵には、驚かされますね。

また、運気アップを願って、「ん」のつくものを食べるという風習もあります。
次ページ :  コンニャクにも「ん」が入っていますし、カボチャは、地域によ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年7月24日今日の献立

今日は土用の丑の日。うな重を食べて夏に負けないようにスタミナ補給をしましょう!

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ