印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

あっさりスンドゥブチゲの献立

調理時間
35分
カロリー
480 Kcal

一人480kcalのダイエット献立。キムチとコチュジャンで簡単な味付け。辛さの調整は一味唐辛子で。ゴマ油は最後に香りづけで入れると使用量を減らせます。

あっさりスンドゥブチゲの献立
材料  ( 2 人分

<スンドゥブチゲ>

  

アサリ

150g
  

白ネギ

1本
  

エノキ

1/2袋
  

モヤシ

1/2袋
  

ニラ

1/4束

<スンドゥブチゲ/煮干しだし>

  

煮干し

10本
  

300ml

<スンドゥブチゲ/調味料>

  

コチュジャン

小さじ1
  

しょうゆ

大さじ1

卵黄

2個分

ゴマ油

小さじ1/2

<ヘルシーミニビビンバ>

  

卵白

2個分
    

少々
  

ゴマ油

小さじ1/2
  

モヤシ

1/2袋
  

ニラ

1/4束
    

少々

<ビビンバのタレ>

  

コチュジャン

小さじ1
  

すり白ゴマ

小さじ1/2

ご飯

(炊きたて)200g

下準備

  • あっさりスンドゥブチゲの献立の下準備1

    <スンドゥブチゲ>の材料の準備をする。絹ごし豆腐は皿に出し、しばらく置いて水気をきる。アサリは砂出しをし、殻を流水でこすり洗いする。

  • 白ネギは斜めにスライスする。エノキは石づきを切り落とし、ほぐす。卵は卵黄と卵白に分ける。

    卵黄をつぶさないように注意しましょう。卵白はビビンバの具材に使います。

  • モヤシ1袋は洗い、ザルにあける。ニラ1/2束はザク切りする。それぞれ半分に分ける。<ヘルシーミニビビンバ>用はモヤシとニラを熱湯でゆで、ザルにあけ水気をきる。

    違う料理でも同じ材料を使用することで、下準備の時短になります。

  • <煮干しだし>の材料を入れ、3時間以上冷蔵庫に置く。だしがでたらザルでこし、煮干しは取り出す。

    煮干しでだしを引く時間は調理時間に含みません。前日に準備し、一晩おくと良いです。

作り方

  1. あっさりスンドゥブチゲの献立の作り方1
    1

    <スンドゥブチゲ>を作る。土鍋に<煮干しだし>と<調味料>を入れ、中火にかける。沸騰したら、火を弱火にし、アサリ、白菜キムチ、白ネギ、モヤシ、エノキ、ニラを加え、蓋をして煮る。

  2. あっさりスンドゥブチゲの献立の作り方2
    2

    アサリが開いたら、絹ごし豆腐をスプーンですくって加える。再び中火にし、煮たったら卵黄をそっと入れ、お好みの半熟加減まで加熱する。仕上げに一味唐辛子を振り、ゴマ油をたらす。

    入れるキムチによって、辛味が変わります。味見をして、お好みの辛さになるよう一味唐辛子を入れてください。辛いのが苦手な方はなくても良いです。

  3. あっさりスンドゥブチゲの献立の作り方3
    3

    <ヘルシーミニビビンバ>を作る。卵白に塩少々を加えて混ぜる。フライパンにゴマ油を中火で熱し、卵白の炒り卵を作る。

  4. あっさりスンドゥブチゲの献立の作り方4
    4

    ゆでたモヤシとニラはしっかり絞り、水気をきる。ボウルに移し、塩少々で和える。別のボウルで<ビビンバのタレ>の材料を混ぜ合わせる。

  5. あっさりスンドゥブチゲの献立の作り方5
    5

    茶碗にご飯をよそい、刻みのりを散らす。モヤシとニラをのせ、炒り卵を散らす。<ビビンバのタレ>をかける。

このレシピのポイント・コツ

・煮干しでだしを引く時間がないときは、顆粒チキンスープの素で代用できます。
あっさりスンドゥブチゲの献立のレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.