印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

だまこ鍋

調理時間
30分

ご飯をつぶして丸めた「だまこ」はきりたんぽのルーツとも。鶏肉から出ただしで、野菜とだまこを煮た秋田の郷土料理。今回はだまこの形に合わせ鶏団子にアレンジ。

だまこ鍋
材料  ( 2 人分

<鶏団子>

  

鶏ひき肉

200g
  

小さじ1/4
  

ショウガ

(すりおろし)小さじ1
  

1/2個
  

白ネギ

3~4cm
  

片栗粉

小さじ1

<だまこ>

  

ご飯

(炊きたて)200g
  

片栗粉

小さじ1

<鍋だし>

  

500ml
  

昆布

(5cm角)1枚
  

薄口しょうゆ

小さじ2
  

みりん

大さじ2

大根

4~5cm

ゴボウ

10~12cm

マイタケ

1/2パック

白ネギ

1/2本

セリ

1/2~1/4束

下準備

  • <鶏団子>の材料の卵は割りほぐす。白ネギはみじん切りにする。

  • だまこ鍋の下準備2

    油揚げは油抜きし、食べやすい大きさに切る。大根とニンジンは皮をむき、1×5cmの大きさで薄い短冊切りにする。ゴボウは皮をこそいでささがきにし、水につけておく。

  • マイタケは食べやすくほぐす。白ネギは斜めにスライスする。セリは根を切り、長さ5cmに切る。

作り方

  1. だまこ鍋の作り方1
    1

    <鶏団子>を作る。ボウルに鶏ひき肉と塩を加え、粘りがでるまで混ぜる。ショウガ、卵を加え、ぽってりとするまで混ぜる。白ネギと片栗粉を加え、混ぜ合わせる。

    しばらく冷蔵庫で寝かせると生地が安定して、団子にしやすくなります。

  2. だまこ鍋の作り方2
    2

    <だまこ>を作る。ボウルにご飯を入れ、すりこ木で米粒の形が半分くらい残るまで叩いてつぶす。片栗粉を混ぜたらピンポン玉くらいの大きさにまるめ、オーブントースターで10分程度焼く。

    オーブントースターで焼くときは、天板にクッキングシートをのせ、その上にだまこをのせるとごはんがくっつきません。クッキングシートは火が付かないよう、天板より小さく切りましょう。

  3. だまこ鍋の作り方3
    3

    鍋に分量の水と昆布を入れ、弱火にかける。沸騰直前に昆布を取り出し、手で(1)を丸めながら、鍋に加える。

    まとめにくかったら、手に分量外のサラダ油をぬると良いでしょう。スプーン2個を使って丸く形を作ると簡単にできます。

  4. だまこ鍋の作り方4
    4

    <鶏団子>の表面がかたまったら、大根、ニンジン、ゴボウを加え、蓋をして大根が軟らかくなるまで5分程度煮る。

    <鶏団子>や根菜からアクがでるので、まめに取りましょう。

  5. だまこ鍋の作り方5
    5

    <鍋だし>の薄口しょうゆとみりんで味付けをし、(2)の<だまこ>と油揚げ、マイタケ、白ネギを入れ、蓋をして弱火~中火でさらに5分程度煮る。具材が煮えたらセリを入れる。

このレシピのポイント・コツ

・鶏ひき肉は、もも肉がだしや油が出やすく美味しいです。むね肉の場合は少量油を足すと良いでしょう。
・オーブントースターはご家庭により焼き加減が異なるので、焼き色を見ながら調整してください。
だまこ鍋のレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.