1. E・レシピ >
  2. 献立 >
  3. 「手打ち冷やしうどん」の献立 >
  4. 手打ち冷やしうどんのレシピ・作り方

手打ち冷やしうどん

休みの日は、時間をかけて粉からうどんを。できたてのうどんは、コシもツヤもあっておいしいですよ。

手打ち冷やしうどん
献立
調理時間
466 Kcal
レシピ制作: 
材料 ( 2 人分

<手打ちうどん>

  中力粉200g
  ぬるま湯100ml
  小さじ1.5
打ち粉(中力粉)適量
麺つゆ(市販品)適量

<薬味>

  ネギ(刻み)大さじ4
  ミョウガ1本
  貝われ菜1/2パック
  大根(すりおろし)1/2カップ
  白ゴマ大さじ1.5

下準備

  • ミョウガは縦半分に切り、さらに縦薄切りにする。水に放ち、軽くもみ洗いして水気を絞る。

  • 貝われ菜は根元を切り落とし、長さ3~4等分に切る。

  • 大根おろしは、軽く汁気をきる。

作り方

  1. 1

    ボウルに中力粉、塩を合わせ、ぬるま湯を加えて混ぜる。はじめはボソボソしているが、ある程度ひとまとまりになったら、ボウルから平らなところに出し、手のひらを使って丸くまとめる。

  2. 2

    抗菌のビニール袋に入れ、タオルで包んで20分以上そのまま寝かせた後、抗菌のビニール袋を2重にして袋の中央に生地を置き、タオルではさんで足のかかとで踏みながらペッタンコにのばす(前日から準備する場合は、冷蔵庫に入れて下さい。24時間位おいてもOKです)。

  3. 3

    袋から出して細長く三つ折りにし、さらに両端を内側に折り、四角く形を整える。重なった部分を下にし、袋に戻してタオルではさみ、同様にかかとで踏む・・を3~4回繰り返す。再び折りたたんで袋に入れ、タオルに包んだ状態で10分以上寝かせる。

  4. 4

    平らな台に打ち粉(中力粉)をし、抗菌のビニール袋から出したうどん生地を色々な方向に麺棒でのばす(薄くのばすと細麺に、厚めにのばすと太麺になります)。

  5. 5

    のばした生地にたっぷり打ち粉を振って、屏風状にたたみ、包丁でお好みの幅に切る。

  6. 6

    たっぷりの熱湯に(5)の麺を入れ、時々菜ばしで混ぜながらふきこぼれない程度の火加減で4~5分ゆでる。ザルに上げ、流水をかけて麺が冷めたら、流水でもむ様に洗ってヌメリを取り、よく水きりをする。麺つゆに<薬味>の材料を入れ、うどんをつけて頂きます。

リストに追加ファンになる

現在のファン数128

中島 和代/杉本 亜希子
レシピ制作 中島 和代/杉本 亜希子

家庭料理研究家/管理栄養士
中島和代と杉本亜希子の二人で作る献立は、旬の食材を使った、簡単で栄養バランスのとれたレシピが評判。

中島 和代/杉本 亜希子制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.