1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. 鶏レバーとキノコの伊北部風のレシピ・作り方

鶏レバーとキノコの伊北部風

鶏レバーとキノコの伊北部風
特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 2 人分

  ゆでる塩20g
鶏レバー(刺身用)150~200g
砂肝80~100g
玉ネギ1/2個
白ネギ1/4本
エリンギ1/2本
マイタケ1/2パック

<ソース>

  赤ワイン大4
  生クリーム大4~5
  粉チーズ大5~6
  塩コショウ少々
大葉8~10枚

作り方

  1. 1

    刺身用鶏レバー、砂肝は1cm角くらいに切る。玉ネギ、白ネギ、エリンギ、マイタケはそれぞれ粗いみじん切りにする。大葉は縦半分に切り、更に横細切りにして水に放ち、水気を絞る。

  2. 2

    <ソース>を作る。フライパンにオリーブ油を強火で熱し、玉ネギを炒める。薄いキツネ色になってくれば、白ネギ、エリンギ、マイタケを加えて炒めあわせる。全体にしんなりしたら、鶏レバー、砂肝も加えて炒めあわせる。

  3. 3

    パスタをゆでる。塩を入れた熱湯にパスタを入れ、常にクツクツ煮たった状態を保ちながら、時々菜ばしで混ぜ、指定の時間より少し短かめにゆでる。

  4. 4

    <ソース>の具がしっとりとしてきたら、赤ワインを加えてからめる。さらに、生クリーム、粉チーズを加えて全体になじめば、塩コショウで味を調える。

  5. 5

    3のパスタを手早く混ぜ合わせて器に盛り、EVオリーブ油をかける。大葉を散らし、粉チーズを振る。

このレシピのポイント・コツ

・平型のパスタ、リングイネ(LINGUINE) スパゲッティを押し潰したような平たい形が特徴。「小さな舌」という意味。スパゲティよりも表面積が広い分、重めのクリームソースなどとよく合います。
リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.