印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

アナゴの蒸し寿司

調理時間
1時間
カロリー
647 Kcal

ふっくら蒸し上がったお寿司は、お祝いやおもてなしにもオススメ。

アナゴの蒸し寿司
材料  ( 2 人分

お米

1.5合
  

昆布

(10cm角)1枚

アナゴ

(焼いたもの)1本
  

ウナギ蒲焼きのタレ

大さじ2~3

<タケノコ煮>

  

水煮タケノコ

(みじん切り)1/8本分
  

ニンジン

(みじん切り)1/6本分
  

小さじ2
  

みりん

小さじ2
  

砂糖

小さじ2
  

しょうゆ

小さじ1.5

<錦糸卵>

  

1個
  

小さじ1
  

砂糖

小さじ1/2
  

少々

シイタケの甘煮

(市販品)20g

イクラ

大さじ2

木の芽

6~8枚

下準備

  • お米は洗ってザルに上げ、30分以上置いておく。炊飯器にすし飯の線より少し少なめの分量外の水を入れ、汚れを拭き取った昆布をのせ、スイッチを入れる。

  • アナゴの蒸し寿司の下準備2

    アナゴは細かく刻み、ウナギ蒲焼きのタレをからめておく。

  • 小鍋に<タケノコ煮>の材料を入れて中火で熱し、煮汁が半量になるまで煮てザルに上げる。

  • サヤインゲンは軸側を少し切り落とし、分量外の塩を入れた熱湯でサッとゆで、水に取って粗熱が取れたら、幅1cmに切る。

  • 菜の花は根元を少し切り落とし、水につけてアクを抜く。分量外の塩を入れた熱湯でサッとゆでて水に取り、粗熱が取れたら水気を絞る。 食べやすい大きさに切る。

  • アナゴの蒸し寿司の下準備6

    <錦糸卵>の材料を混ぜ合わせ、フライパンに分量外のサラダ油を薄くひいて薄焼き卵を焼き、冷めたら何枚か重ねて細切りにする。

  • 蒸し器を湯気の上がった状態に準備しておく。

作り方

  1. アナゴの蒸し寿司の作り方1
    1

    飯台に作り置き甘酢適量を手でなでつけるようにのばし、昆布を取り出したご飯をあける。残りの作り置き甘酢をかけて1分そのまま蒸らし、しゃもじで切るように混ぜ合わせる。

  2. アナゴの蒸し寿司の作り方2
    2

    アナゴ、<タケノコ煮>、サヤインゲン、シイタケの甘煮を加え、さらに切るように混ぜ合わせる。

  3. アナゴの蒸し寿司の作り方3
    3

    耐熱の器に(2)をよそい、<錦糸卵>をのせて湯気の上がった蒸し器で12~15分蒸す。

  4. アナゴの蒸し寿司の作り方4
    4

    蒸し上がったら菜の花、イクラ、木の芽をのせる。

このレシピのポイント・コツ

・お米の洗い方。ボウルにお米を計量し、たっぷりの水を入れ、混ぜずにすぐに水を流します。ひたひたまで水を入れて両手でお米をすくい取り、すり合わせるように軽くお米とお米を何回かこすります。にごった水を流し、蛇口から水を勢いよく加え、白濁しなくなるまでこれを何度か繰り返してザルに上げます。お米は、最初に入れる水を最も吸収しやすいので、より良質な水を使う事をおすすめします。
アナゴの蒸し寿司のレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.