1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. 鍋レシピ+箸休め >
  4. イワシのつみれ鍋のレシピ・作り方
太鼓判 10+ おいしい!

イワシのつみれ鍋

13回 おいしい

新鮮なイワシをさばいて作る、ひと味違うイワシのつみれ鍋!今回はしょうゆ仕立てですが、みそ味もおすすめ!

イワシのつみれ鍋
特集
調理時間
671 Kcal
レシピ制作: 
材料 ( 4 〜 5 人分

<イワシのつみれ>

  イワシ800~900g
みそ大さじ2
ネギ(刻み)大さじ4
ショウガ(おろし)1片分
溶き卵大さじ2
少々

<ゆでスープ>

  大さじ4
  ショウガ(薄切り)5枚分
  白ネギ(青い部分)2本分
  1600~2000ml

<調味料>

  150ml
  みりん大さじ3
  砂糖大さじ1
  しょうゆ大さじ4~5
  ショウガ汁大さじ1
白菜1/8株
ニンジン1/4本
大根4cm
白ネギ1~2本
エノキ1袋
シイタケ(生)4個
ミツバ1束

<薬味>

  ネギ(刻み)大さじ8
  ショウガ汁適量
  一味唐辛子(または七味唐辛子)適量

メモお買い物メモ
ジャンル:
和食 / 鍋もの
種別:
主菜

作り方

  1. 1

    <イワシのつみれ>を作る。イワシは指先で尾から頭に向かってウロコを取り、手開きにして中骨を取り、腹骨をすき取る。イワシと他の材料をフードプロセッサーに入れて粗く混ぜる。【イワシの手開き】頭を落として腹を斜めに切る。ワタを出して塩水で洗う。親指の腹を中骨に添わせ頭側から尾に向かって滑らせるように身をはがし、尾の付け根で骨を折り、身を押さえながら骨を頭に向かってはがすように取る。腹側の小骨はすき取る。

  2. 2

    <イワシのつみれ>はひとくち大ずつスプーンなどで丸めながら、煮たたせた<ゆでスープ>に落とし入れ、浮き上がってきたらいったん取り出す。<ゆでスープ>はキッチンペーパーでこし、<調味料>を加え、ひと煮たちさせる。

  3. 3

    残りの材料を準備する。白菜は食べやすい大きさに切る。ニンジン、大根は皮をむき、食べやすい大きさの短冊に切る。白ネギは斜め切りにする。エノキは石づきを切り落とし小房に分ける。シイタケは石づきを切り落とし、汚れを拭き取り軸と笠に切り分け、笠に飾り切りをする。ミツバは根元を切り落とし、長さ4~5cmに切る。木綿豆腐は食べやすい大きさに切る。

  4. 4

    鍋に具と 2の合わせスープを入れて鍋の蓋をし、煮たってきたら、火が通った具から合わせスープと一緒に取り鉢に取って、お好みの<薬味>といただきます。

このレシピのポイント・コツ

・箸休め・・・ふんわりやわらかい、栄養満点のイワシのつみれ鍋には、ユズの香りが食欲をそそるホウレン草の和え物と、梅と大葉の黄金コンビが光る長芋料理を!
リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    ウーマンエキサイト特集

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.