基本の重ね煮

10回 おいしい

体を引き締め温める作用のある、根菜のエネルギーを日々取り入れられる基本レシピです。

基本の重ね煮
特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 1 週間分

シイタケ(生)200g
玉ネギ200g
ゴボウ200g
少々
少々

メモお買い物メモ
ジャンル:
和食 / 煮もの
種別:
副菜

下準備

  • 蓋に穴のない、厚手の鍋を用意する。

  • ショウガはせん切りにする。

  • シイタケは石づきを取り、薄切りにする。

  • 玉ネギは皮をむいて付け根を取り、縦半分に切る。さらに横半分に切って、放射状に薄切りにする。

  • ニンジンは斜めせん切りにする。

  • ゴボウはタワシでこすりながら泥を洗い流し、ささがきにする。

作り方

  1. 1

    焦げ付き防止のため、鍋底がぬれる程度の水をはる。

  2. 2

    材料の野菜をレシピに記載している順から鍋に重ねていき、一番上に塩少々を振り入れ、ぴったりと蓋をする。鍋底に火がやっと届く程度の弱火で加熱する。※途中、焦げ付きそうな場合は、水少々を足す(誘い水)。

  3. 3

    野菜の煮えるよい匂いがして、蓋から蒸気が漏れてきたら蓋を取り、全体をかき混ぜてでき上がり。蓋付の保存容器に移し、粗熱を取って冷蔵庫で保存する(冷蔵庫で1週間保存可能)。

このレシピのポイント・コツ

・*料理のポイント*●できる限り、有機栽培や、無農薬栽培の野菜を使う農薬や化学肥料の入らない、健康な大地で育った野菜の味は格別です。農薬の心配がないため、皮ごと食べても安心。野菜の栄養とおいしさを丸ごと摂取できます。生ゴミの量も減らせて、環境への負担も軽くすむのです。●厚手の、蓋に穴のない鍋を使う保温力に優れ、じっくりと野菜に火が通ります。また蒸気を逃さないので、野菜から滲み出る蒸気が鍋の中で滞留し、野菜の旨味を存分に引き出した重ね煮ができるのです。●野菜を重ねる順番について重ね煮は別名、「陰陽調和料理」と言います。食物は、「体を緩め、冷やす/上に向かって伸びる」性質(陰性)と、「体を引き締め、温める/下に向かって伸びる」性質(陽性)をもっています。2つ以上の野菜を比べて、どちらの性質がより強いかをみて、野菜を重ねる順番を決めていきます。陰性の強い野菜程、火元に近い鍋の底の方へ、陽性の強い野菜は上に重ねていきます。熱を加えることで、陰性の野菜は上昇の性質によってうま味が上に、陽性の野菜は下降の性質によりうま味が下の方へ向かい、鍋の中で対流し、調和した味となるのです。
リストに追加ファンになる

現在のファン数26

藤丸 志保
レシピ制作 藤丸 志保

調理師
マクロビオティック、酵素栄養学、有機農業の知識と経験を活かし、作る人も食べる人も幸せになれるような料理を作っている。

藤丸 志保制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.