1. E・レシピ >
  2. 献立 >
  3. 「春のちらし寿司」の献立 >
  4. 春のちらし寿司のレシピ・作り方
太鼓判 10+ おいしい!

春のちらし寿司

14回 おいしい
春のちらし寿司
献立
調理時間
684 Kcal
材料 ( 4 人分

お米3合
  昆布(10cm角)1枚
タラ(切り身)2切れ

<調味料>

  大さじ2
  砂糖大さじ2
  少々
食紅少々
サラダ油小さじ1
  ぬるま湯(もどす用)150~200

<合わせだし>

  もどし汁(シイタケ)100ml
  大さじ3
  砂糖大さじ3
  濃口しょうゆ大さじ1
  薄口しょうゆ大さじ1
レンコン5~6cm
  (ゆでる用)少々
  (ゆでる用)少々
2~3個
  砂糖小さじ2
  少々
  サラダ油少々
2人分
菜の花1/3パック
  (ゆでる用)少々
刻みのり適量
イクラ大さじ4~5

下準備

  • 米は炊く30分以上前に洗って、ザルに上げる。炊飯器に米を入れ、すし飯の水加減をし、固く絞ったぬれ布巾で汚れを拭き取った昆布を入れ、普通に炊く。

  • タラは骨と皮を取り除き、熱湯でサッとゆでて水に取る。キッチンペーパー皮を等で軽く押さえて水気を拭き取り、みじん切りにする。

  • 干しシイタケはぬるま湯につけて柔らかくもどし、軸を落とし、小さな角切りにする。もどし汁は残しておく。

  • レンコンは皮をむいて粗めのみじん切りにして水に放ち、熱湯に塩、酢少々を加えてサッとゆでる。ザルに上げ、しっかり水気を切って作り置き甘酢につけておく。

  • ニンジンは皮をむき、粗めのみじん切りにする。

  • 卵は割りほぐし、砂糖、塩を混ぜ合わせる。

  • 鯛の薄造りは作り置き甘酢に漬けて、冷蔵庫に入れる。

  • 菜の花は水にさらしてアクを抜き、塩を入れたたっぷりの熱湯でサッとゆで、すぐに水に取る。粗熱が取れたら水気を絞って、3cmの長さに切る。

作り方

  1. 1

    デンブを作る。フライパンにサラダ油を中火で熱し、タラを入れて炒める。<調味料>を加えて煮詰め、煮汁がなくなったら火を止めて食紅を加え、全体に色付くまで混ぜ合わせる。

  2. 2

    シイタケを煮る。鍋に干しシイタケの調味料を合わせ、もどしたシイタケを入れて強火にかける。煮立ったら火を弱め、煮汁が少なくなったらニンジンを加え、煮汁がほとんどなくなるまで煮含め、冷ましておく。

  3. 3

    錦糸卵を作る。フライパンにサラダ油を薄く敷いて薄焼き卵を数回に分けて焼き、冷めたら何枚かに重ねて細切りにする。

  4. 4

    ご飯が炊き上がったら10~15分蒸らし、昆布を取り出す。作り置き甘酢を薄く飯台にぬり、ご飯をあけて作り置き甘酢をまわしかけてそのまま1分程蒸らす。

  5. 5

    ご飯を切る様に混ぜ合わせ、ウチワであおいで手早く冷まし、シイタケ、ニンジン、よく汁気を切ったレンコンを加え、全体にさっくり混ぜ合わせる。

  6. 6

    器に盛り付け、デンブ、鯛の薄造り、刻みのり、錦糸卵、菜の花、イクラを飾り、甘酢ショウガを添える。

このレシピのポイント・コツ

<ちょっとヒント> 
・ひとくち大に切って、フードプロセッサーで攪拌すると楽ですよ。

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.