印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

蒸し豆腐のカブみぞれあんかけ

調理時間
20分

胃に負担が少ないので、疲れて食欲がないときにぴったりのメニューです。カブは胃もたれやおなかの張りにも効果的。

蒸し豆腐のカブみぞれあんかけ
材料  ( 2 人分

豆腐

(小)2丁

カブ

1個

シメジ

1/4パック

タラコ

1/2腹

ミツバ

適量

<合わせだし>

  

大さじ2
  

みりん

大さじ1
  

薄口しょうゆ

大さじ1
  

少々

<水溶き片栗>

  

片栗粉

小さじ2
  

大さじ2

下準備

  • カブは葉を切り落とし、皮をむいてすりおろす。

  • ニンジンは皮をむき細切りにする。

  • シメジは石づきを切り落とし、小房に分ける。

  • 蒸し豆腐のカブみぞれあんかけの下準備4

    タラコは切り込みを入れ、中身をしごき出す。

  • ミツバは根元を切り落とし、長さ2cmに切る。

作り方

  1. 蒸し豆腐のカブみぞれあんかけの作り方1
    1

    豆腐は耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで2~3分加熱し、温める。(ヒント)電子レンジは600Wを使用しています。

  2. 蒸し豆腐のカブみぞれあんかけの作り方2
    2

    鍋に<合わせだし>の材料とニンジン、シメジを入れ中火で3~4分煮る。カブとタラコを入れひと煮たちしたら<水溶き片栗>の材料を混ぜながら加え、とろみがついたら火を止める。

  3. 蒸し豆腐のカブみぞれあんかけの作り方3
    3

    豆腐を器に盛って(2)をかけ、ミツバを散らす。(ヒント)出かける前に下準備を済ませておくと便利です。

このレシピのポイント・コツ

・[豆腐]たいへん消化のよい食材です。体の余分な熱をとり、体を潤して喉や腸の渇きをいやす効果があります。
・[カブ]お腹を温め、冷えからくる消化不良や腹痛に効果があります。ガスの発生を抑えるので、おなかの張りやげっぷ、吐き気にもよい食材です。消化酵素のアミラーゼを含み、食べすぎや飲みすぎによる胃腸の不調にも効果的です。
蒸し豆腐のカブみぞれあんかけのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.