印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

サクっと香ばしい!基本のかき揚げ

調理時間
25分

野菜やエビの定番かき揚げです。具材を変えれば色々なバリエーションが楽しめます。

サクっと香ばしい!基本のかき揚げ
材料  ( 2 人分

サツマイモ

(小)1/2本

玉ネギ

1/2個

ミツバ

1/2束

エビ

4~6尾
  

小さじ1
  

片栗粉

大さじ1

小麦粉

大さじ5~6

片栗粉

大さじ2~3

<卵水>

  

卵黄

1個分
  

冷水

大さじ3

揚げ油

適量

作り方

  1. サクっと香ばしい!基本のかき揚げの作り方1
    1

    サツマイモは皮ごときれいに水洗いし、長さ3cmのせん切りにして水に放ち、ザルに上げる。ゴボウはたわしできれいに水洗いし、サツマイモの大きさに合わせて切り、水に放ってザルに上げる。玉ネギは縦薄切りにする。ミツバは根元を切り落とし、ザク切りにする。<卵水>の材料を混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしておく。

    <ポイント>同じくらいの大きさに切り、火の通る時間を同じにします。玉ネギは水分が出ないように繊維の方向に切ります。繊維を断ち切る方向に切ると水分が多く出ますので、揚げ上がりがしんなりします。

  2. サクっと香ばしい!基本のかき揚げの作り方2
    2

    エビは殻と背ワタを取り、塩をもみ込むようにからめ、水気がグレーになってきたら片栗粉を全体にからめ、水洗いして水気を拭き取る(大きい場合は食べやすい大きさに切る)。

    <ポイント>エビの表面を塩で洗いながら生臭みを出し、片栗粉で吸い取って水洗いする事で、エビがおいしくなります。

  3. サクっと香ばしい!基本のかき揚げの作り方3
    3

    ボウルに具材を混ぜ合わせ、さらに合わせた小麦粉と片栗粉を加え、粉っぽさが残るくらいにからめる。揚げ油を170℃に予熱し始める。

    <ポイント>粉をからめる事で、具材どうしがくっつくのを防ぎます。具材から出る水分を粉が含むので、揚げ上がりのべたつきが少なくなります。

  4. サクっと香ばしい!基本のかき揚げの作り方4
    4

    別のボウルに(3)の1/4量を入れ、冷やしておいた <卵水>を少しずつ加えながら、粉っぽさが少し残るくらいに合わせる。

    <ポイント>少しずつ混ぜる事で、小麦粉をこねるのを防ぎます。小麦粉はこねると粘りがでて、サックリ揚がりません。冷たい<卵水>を使うのも、粘りを出なくするためです。

  5. サクっと香ばしい!基本のかき揚げの作り方5
    5

    170℃の揚げ油に、(4)を木ベラや浅いお玉にのせて落とし入れる。

  6. サクっと香ばしい!基本のかき揚げの作り方6
    6

    約1分そのままにし、表面がかたまったら、ひっくり返して細い菜ばしや竹串で穴をあけるように刺し、サクッと揚げて器に盛る。お好みで分量外の天つゆやレモン、塩などをかけて下さい。

    <ポイント>菜ばしで穴をあけて揚げ油が穴を通るようにし、サクッと揚げるためです。

このレシピのポイント・コツ

・具はお好みで、ニンジンやジャガイモ、カボチャやキノコ類、春菊もおいしいですね。貝柱やイカ足、干しエビを入れるとコクが出てよりおいしくなります。
・油の温度が低いと揚げ上がりがベタベタします。一度に入れる量を少なめにし、油の温度が下がらないように気をつけましょう。
・粉に対して水の量が多いと、油の中でバラバラになってしまう事もあります。この場合は分量外の粉を少し足して下さい。ただし粘りをださないように注意して下さいね!
サクっと香ばしい!基本のかき揚げのレシピ・作り方に戻る
Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.