1. E・レシピ >
  2. 連載 >
  3. らっきょうの甘酢漬けのレシピ・作り方
絶品 100+ おいしい!

らっきょうの甘酢漬け

155回 おいしい

カリカリのらっきょうも手づくりで。「自家製」のいいところは、慣れてくれば自分の好みに味を調整できるし、やっぱりなんだかあったかみがある。

らっきょうの甘酢漬け
連載
調理時間
2148 Kcal
材料 ( 作りやすい量

らっきょう(土つき)1kg
大2

<合わせ甘酢>

  米酢600ml
  砂糖180~200g
  小1

メモお買い物メモ
ジャンル:
和食 / 漬けもの
種別:
副菜

作り方

  1. 1

    土つきらっきょうは、手早く水洗いしてザルに上げ、水気をきる。

  2. 2

    根元を浅めに切り落とし、芽側も少し切り落とす。

  3. 3

    しなびている外側の薄い皮もむく。

  4. 4

    ボウルにらっきょう、塩を入れボウルをあおるように全体に塩を絡め、ラップをして3~4時間室温に置く。

  5. 5

    手早くサッと水で洗う。

  6. 6

    きれいなタオルでひと粒ずつていねいに水気を拭き取る。

  7. 7

    出来れば1時間位ザルに入れ乾かす。

  8. 8

    ホーロー又はステンレス(酸や塩に強い)の鍋に米酢、砂糖、塩を入れ強火にかけ、煮立てば火を弱め砂糖が煮溶ければそのまま常温まで冷ます。

  9. 9

    きっちり蓋の出来る、酸に強い容器をきれいに洗い、しっかり水気を拭き取る。らっきょう、赤トウガラシ(軸付きのまま汚れを拭き取ったもの、割って入れるとピリッと辛くなります)を入れ、8をらっきょうが浸る位まで注ぎ入れる。

  10. 10

    合わせ甘酢から、らっきょうが飛び出るようであればきれいなガーゼを表面にのせ、らっきょうが沈むようになれば、ガーゼは取り除き冷暗所で保存する。

このレシピのポイント・コツ

・買ってから出来るだけ、早く漬けた方が歯ざわりよく、カリッと出来ますよ!常温に置いておくとすぐに芽が伸びますので、置いておくならビニール袋に入れ冷蔵庫に入れて下さい。長く水に漬けておくと水を吸って歯触りも悪くなり、痛みやすくなります。
・根元を深く切ると、漬けている甘酢がしみ込み過ぎて、歯ざわりが悪くなります。
・1ヶ月後くらいから、1年間位はカリカリらっきょうの甘酢漬けが楽しめます。
・もし漬け甘酢が濁った場合は、らっきょうを摘んでみて、かたくて歯ごたえがあれば、漬けなおします。らっきょうを取り出し、漬け甘酢をホーロー又はステンレスの鍋に入れ中火にかけ煮立て、アクが出てくればていねいに取り除き、常温になるまで冷ます。らっきょうは米酢を絡めザルに上げ、容器はきれいに洗って、しっかり水気を拭き取り、らっきょう、甘酢を加え保存する。

関連キーワードからレシピを探す

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.