1. E・レシピ >
  2. 献立 >
  3. 「アユの塩焼き」の献立 >
  4. アユの塩焼きのレシピ・作り方

アユの塩焼き

アユの塩焼き
献立
調理時間
103 Kcal
材料 ( 4 人分

アユ4尾
適量
タデ酢または 作り置き甘酢適量
棒ショウガ4~8本

メモお買い物メモ
ジャンル:
和食 / 焼きもの
種別:
主菜

下準備

  • アユは包丁の先で尾から頭に向かって軽くしごく様にヌメリとウロコをこそげ、水洗いして水気を拭き取っておく。

  • オーブンを220℃、12~15分に予熱する。

  • 器にアユを盛り、棒ショウガを添える。タデ酢をつけて頂きます。

作り方

  1. 1

    アユに化粧塩をする。まな板に塩を置き、尾に塩をつけ、背ビレをおこしながら塩をつけ、腹ビレなども軽く引っ張りながら塩をつける。

  2. 2

    手に塩を持ち、指の隙間から塩を落としながら、全体に薄く塩を振り掛ける。(振り塩)

  3. 3

    オーブンに入れて焼き、熱いうちに串を回しておき、少し冷めてから、串を抜く。

    串は冷めると身とくっつき、抜けにくくなるので、熱いうちに回しておくと身と離れ、スッと抜けますよ!

このレシピのポイント・コツ

<ちょっとヒント>
・おどり串の打ち方手前から見て、頭を下にして左側を腹にして、口から長めの金串又は竹串を差し入れ、胸ビレより少し尾側で中骨より腹側から串を出す。串を出した3~4cm先から縫うよう(中骨より背側)に串を差し入れ、裏側(盛り付けたときに表になる側)に串が出ないように串を通し、最後に尾の手前に(中骨より下から)串を出す。
<ちょっとヒント>
・串を打たずに焼いてもOKです。
<ちょっとヒント>
・ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度差や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。目安として小型の電気オーブンの場合、レシピより10~20℃高い設定にして下さい。
<ちょっとヒント>
・竹串が燃えるようなら、手で持つところをアルミホイルで巻いて下さい。
<ちょっとヒント>
・グリルで焼く場合は、受け皿に水を張るタイプのものは水を入れ、しっかり予熱をして、焼き網に薄くサラダ油を塗る。盛り付ける側から70%火を通し、アユを返して裏面を30%焼く。できれば再び表側を1分焼き皮をパリッとさせると、美味しくなります。
<ちょっとヒント>
・タデ酢がない場合は作り置き甘酢を代用して下さい。
・タデの葉1束分をちぎってすり鉢ですりつぶし、ご飯大さじ1を加えよく混ぜ合わせ、酢100mlを加え更によく混ぜ合わせる。市販品では瓶に入って売っていますよ。
・オリーブ油を掛けるのも意外にいけます。少し酸味も欲しいなあという方はオリーブ油とバルサミコ酢を少々掛けるのも美味しいです。

関連キーワードからレシピを探す

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.