まむし

ウナギを食べてスタミナをつけましょう!

まむし
特集
調理時間
704 Kcal
レシピ制作: 
材料 ( 2 人分

  小さじ2
ご飯(炊きたて)丼2杯分

<錦糸卵>

  1個
  少々
  砂糖少々
  少々
サラダ油少々
粉山椒適量

作り方

  1. 1

    グリルを予熱し始める。ウナギ蒲焼きは頭を切り落として長さを半分に切る。耐熱容器にのせて酒をかけ、ふんわりラップをかけて電子レンジで温まる程度に1分加熱する。電子レンジは600Wを使用しています。(ヒント)ウナギ蒲焼きのタレが冷たい場合は、電子レンジで温めておく。

  2. 2

    温めたグリルの網に薄くサラダ油をひいて、ウナギ蒲焼きの皮を下にして並べる。焦がさないように表面がサクッとなるくらいまで2分くらい焼き、長さを半分に切る。(ヒント)ここでは両面焼きグリルを使用しています。

  3. 3

    <錦糸卵>を作る。<錦糸卵>の材料を混ぜ合わせ、フライパンを中火にかけて薄くサラダ油をひき、フライパンが温まったら卵を一気に流し入れる。

  4. 4

    フライパンを傾けながら、卵液をフライパン全体に薄く広げる。ひっくり返し、反対側も乾かす程度に焼き、まな板に取り出す。粗熱が取れたら、長さ5~6cmくらいの細切りにする。

  5. 5

    丼にご飯を半量入れて蒲焼きのタレ小さじ1.5を全体にかけ、ウナギ蒲焼き1切れをのせ、さらに蒲焼きのタレ小さじ1.5をかける。残りのご飯を広げて蒲焼きのタレ小さじ1.5をかけ、<錦糸卵>を全体に広げてウナギ蒲焼き1切れをのせ、残りの蒲焼きのタレをかけ、粉山椒を振る。

このレシピのポイント・コツ

・<おばんざいのおもいでばなし>まむし?って蛇ではないですよ。ウナギ蒲焼きの事です!夏の暑さに負けないように、脂ののったウナギで体力をつける夏のご飯ですね。熱々のご飯の間にもウナギ蒲焼きをはさんで、ご飯の間で蒸したので、まむし?ほんとでしょうか?蒸した柔らかなウナギもおいしいですが、ここでは表面をサクッと焼いています。子供の頃の食卓には、うな重、うまき卵、肝吸い、香の物がセットでしたが、ここでは、錦糸卵を一緒に盛って彩りもおいしい丼仕立てにしています。粉山椒をかけて、いただきま~す。
リストに追加ファンになる

現在のファン数324

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

関連キーワードからレシピを探す

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.