1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. もちもち焼き餃子のレシピ・作り方

もちもち焼き餃子

据え置きタイプのプロセッサーなら、餃子の皮だって簡単に手作りできちゃう。もっちもちで美味しい!

もちもち焼き餃子
特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 3 〜 4 人分

<皮 / 30~40個分>

  薄力粉200g
  約80ml

<具>

  豚もも肉(塊)150g
  エビ3~4尾
  キャベツ2~3枚
  白ネギ1/2本
  ニラ1/2束

<合わせ調味料>

  ショウガ汁1片分
  大1
  塩コショウ少々
  ゴマ油大1
  片栗粉大1.5
  打ち粉(強力粉)適量
サラダ油適量
ゴマ油小2

<つけダレ>

  適量
  しょうゆ適量
  ラー油適量

作り方

  1. 1

    <皮>を作る。フードプロセッサーに練り用の刃をセットして薄力粉、水80mlを入れ、カバーをして、スイッチを入れたり切ったりし(パルス)し、全体にポロポロとした状態に撹拌する。

  2. 2

    次は連続して30秒位回転させていったん生地を混ぜ合わせ、少し水を足してひとまとめになる位まで、更に20秒位回転させる。

  3. 3

    練り上がった生地はひとまとめにして丸め、ボウルに入れて固く絞った濡れ布巾をかけ、20~30分ねかせる。

  4. 4

    キャベツはザク切りにして芯と葉にわける。白ネギは2cmに切る。ニラは細かく刻んで塩をからめ、水気が出れば絞る。豚肉は3cm角に切り、冷蔵庫に入れておく。エビは殻と背ワタを取り除き、2~3等分に切る。

  5. 5

    刃を刻み用に替え、キャベツの芯、白ネギを加え、粗いみじんになれば、キャベツの葉を加えて粗みじん位に撹拌し、水気を絞ってボウルに入れる。

  6. 6

    続けて豚肉を入れ、粗いひき肉状態になれば、エビを加え、全体に粗めに撹拌する。ボウルに入れ、ニラ、<合わせ調味料>も加えて混ぜ合わせる。

  7. 7

    台に打ち粉を軽く振り、ねかせておいた生地を手で転がしながら、長さ20cm位の3~4本の棒状にのばす。1本を10等分に切り分ける。

  8. 8

    打ち粉をして切り口を上にして手のひらで丸く押しつぶし、麺棒で直径7cm位にのばす。30枚くらいに作れば、厚めでもっちもち感がより出ます。ひかえめもっちもちの場合は40枚くらい作れますよ。

  9. 9

    皮に6の具をのせてヒダをとりながら包む。市販の皮に比べてよく伸び、水はつけなくてもくっつきます。餃子は作ってから時間がたつと、水分が出てくっつくので、乾いたふきんに並べ、皮が乾かないように、上からもふきんをかけておいて下さい。

  10. 10

    フライパンにサラダ油を薄く引き、強めの中火で熱し、餃子を並べて底がこんがりと焼けるまで1~1.5分焼き、熱湯を餃子が1/3つかる位まで入れる。

  11. 11

    すぐに蓋をして、弱めの中火で約4~5分蒸し焼きにする。次に蓋を取って強火にし、水気を完全に飛ばし、最後にゴマ油小2を加えてカリッと焼く。好みに合わせた<つけダレ>をつけていただく。

リストに追加ファンになる

現在のファン数326

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.