1. E・レシピ >
  2. 献立 >
  3. 「鶏もも肉のマリネ焼き」の献立 >
  4. たっぷりリンゴのタルトのレシピ・作り方
太鼓判 10+ おいしい!

たっぷりリンゴのタルト

11回 おいしい

リンゴをたくさん使った贅沢で豪華なタルト。リンゴの酸味と上からかけたクラムの甘さとの相性は抜群!

たっぷりリンゴのタルト
献立
調理時間
441 Kcal
材料 ( 20cm径のタルト型 1 台分

<タルト>

  薄力粉110g
  グラニュー糖大さじ2
  バター60g
  卵黄1個分
  小さじ1/2
  少々
強力粉(打ち粉用)適量

<炒めリンゴ>

  リンゴ4~5個
  グラニュー糖150~180g
  バター40~50g
  レモン汁1/2個分
レーズン大さじ4
ラム酒大さじ3

<クラム>

  薄力粉30g
  粉糖30g
  バター30g

下準備

  • <タルト>を作る。バターは1cm角に切り冷凍庫に入れておく。フードプロセッサーに薄力粉を入れ、グラニュー糖、バターを加えてかくはんする。バターが小さな塊の状態になったら、卵黄、水、塩を加えてさらにかくはんする。

  • 生地がひとまとまりになったら、打ち粉をし、めん棒で型よりひとまわり大きめにのばす。めん棒に生地を巻き取り、型にかぶせしっかりと添わせて敷く。

  • 側面部分の生地が少し厚めになるようにして、余分な生地を切り落とし、側面の生地を指で押さえながら、型から少しはみ出る位にのばす。はみ出た部分はフォークで押さえ、底面全体にフォークを刺して空気穴を開け、冷凍庫で15分寝かせる。

  • 220℃に予熱したオーブンで5~6分焼き、表面に焼き色が薄くついたらいったん取り出し、ふくらんだ部分を押さえつける。170℃に温度を下げ、全体に薄めのキツネ色になるまで15~20分焼く。熱いうちに中面にアプリコットジャムを薄くぬり、オーブンに入れて予熱で表面が乾けば取り出して冷ましておく。※この状態で冷凍できますよ!

  • <炒めリンゴ>を作る。リンゴは6~8つのくし切りにし、皮をむいて芯を取る。

  • フライパンまたは、中華鍋にバターを溶かし、中火でリンゴをじっくり炒め、リンゴが透き通ってくれば、グラニュー糖、レモン汁を加え、茶色くトロミがつくまで中火で炒め焼きにする。

  • レーズンとラム酒を加える。

  • <クラム>を作る。バターは小豆粒位の大きさに切って冷凍庫に入れておく。バター以外の材料をボウルに入れて混ぜ合わせ、バターを加える。粉をからませながら指先でバターをつぶしながら混ぜ合わせる。全体に混ざったら手の平をこすり合わせ、ポロポロ状になれば冷蔵庫に入れておく。

  • オーブンを170℃に予熱する。

作り方

  1. 1

    タルト台に冷ました<炒めリンゴ>を敷き詰め、表面を平らにして<クラム>を全体に振りかけ、手のひらで軽く押さえて形を整え、170℃に予熱しておいたオーブンに入れて30分焼く。(ヒント)表面が焦げる場合は、アルミホイルをかけて下さい。

  2. 2

    ケーキクーラに置き、完全に冷めれば型から取り出し、お好みの大きさに切り分けて器に盛る。(ヒント)お好みで粉砂糖を振ったり、アイスクリームと盛り合わせたり、ミントの葉を添えると、見た目にもよりおいしくなりますね!

このレシピのポイント・コツ

・ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度差や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。目安として小型の電気オーブンの場合、レシピより10~20℃高い設定にして下さい。

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.