E・レシピ > 特集 > 昭和の懐かしい洋食 > 昭和のハンバーグのレシピ・作り方
太鼓判 10+ おいしい! 昭和のハンバーグ
30回 おいしい

材料もとってもシンプル。肉本来のおいしさが味わえる基本のハンバーグです。

昭和のハンバーグ
特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 2 人分

<ハンバーグダネ>

  合いびき肉200g
  玉ネギ1/4~1/2個
  塩コショウ少々
  ナツメグ少々
  ケチャップ小さじ2
  1個
  牛乳大さじ2.5
  パン粉50g
サラダ油小さじ2

<ソース>

  ケチャップ大さじ5
  トンカツソース大さじ2
  ウスターソース小さじ1~2

<パスタ>

  (ゆでる用)小さじ2

作り方

  1. 1

    <ハンバーグダネ>の玉ネギはみじん切りにして、分量外のサラダ油でしんなりするまで炒め、塩コショウを振って冷ましておく。フライパンにサラダ油をひいておく。ボウルにパン粉、牛乳、卵、ケチャップ、ナツメグ、塩コショウ、冷ました玉ネギを入れてよく練り混ぜる。

  2. 2

    (1)に合いびき肉を加え、粘りがでて白っぽくなるまで、しっかり混ぜ合わせる。手に分量外のサラダ油をつけて<ハンバーグダネ>の半量を、キャッチボールするように右手から左手、左手から右手へと手早く投げて空気を抜き、小判型に整える(2個作る)。サラダ油をひいておいたフライパンにのせ、中央を押さえてへこませ、中火にかける。

  3. 3

    <パスタ>を作る。スパゲティーをゆでるお湯を準備する。煮たってきたらゆでる用の塩を加えて、スパゲティーを入れ、時々混ぜながらクツクツ煮たっている状態の火加減で、袋の指定時間より30秒短めにゆでる。ザルに上げてバターをからめ、塩コショウをする。

  4. 4

    (2)のハンバーグに焼き色がついたらひっくり返し、フライパンに蓋をして弱めの中火で6~8分位蒸し焼きにして中まで火を通す。(ヒント)ひっくり返す時にハンバーグを突っつくと肉汁が出てしまいますので注意してください。

  5. 5

    <ソース>の材料を小鍋、またはフライパンに混ぜ合わせ、ひと煮たちさせて火を止める。(ヒント)ハンバーグが焼き上がるタイミングで温められると最高!器に(3)の<パスタ>をのせ、(4)のハンバーグを盛って<ソース>をかける。

リストに追加ファンになる

現在のファン数292

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

関連キーワードからレシピを探す

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    インスタグラム

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2016 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.